chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
セマナ・サンタ * 中編 *
セマナ・サンタ * 前編 * の続きです。

Lunes Santo 聖月曜日

El Rocío

キリスト教で裏切り者とされるユダがイエス様にキスするシーン を描写することから El beso de Judas とも呼ばれる。(ローマ人に買収され、キスする事でイエス・キリストがどの人物であるかを知らせる約束をしていた。後に 「ローマ人は裏切り者には礼金を払わない」 と報酬も手に出来ず、自分のした行為を後悔して自殺したというエピソードがある。※ 報酬をもらったという言い伝えもあるらしい。)

zawer1-1DSCF6579.jpgzawer1-2DSCF6572.jpg

左は、Costalero 山車を担ぐ人のお決まりの装い。セビージャの Costalero たちは、山車の下に入って首で全重量を持ち上げるん。その際に、押さえとして働くのがこのクッション部分、というわけ。

このパソが教会から出発するのを見るために、お昼も食べずに家を出た私たち・・・ が! それに値する前代未聞の事態が、そこには待ちうけとった。

まずは、このビデオ をご覧あれ~っ。
後半に バキバキバキッ って音が聞こえると思うんやけど、、、 そう、パソにあるオリーブの木が大きすぎて扉を通過することが出来ず (もっとしなやかな枝を使えば済んだ話なんかもしれやんなぁ)、木ごと後ろに折れ曲がってしまうという大変なことに

zawer2big-1DSCF6586.jpgzawer2big-2DSCF6591.jpgzawer2big-3DSCF6600.jpg
クリックで拡大するよ。

Costalero たちがどんなに頑張っても抜け出せず、結局関係者の一人が山車の上に乗って木の収拾に入り・・・ やっとパソが表まで出てきて、出発完了の音楽 スペインの国家が演奏される。周りの人たちは、心配と悲しみでいっぱいになっとった。

中に入っとる Costalero たちは前が見えやんから、Capataz っていう代わりに山車の動きを指示する役割の人がおるんやけど、その人も顔色が真っ青やった。そりゃそうやわな。。。汗

3枚目の写真、どうしても木の後ろに位置する像がちょうど 「また倒れてこやんやろなぁ!」 って感じで手を伸ばしとるのがちょっと面白かった。こんな大変なときに冗談言って悪いんやけども

zawer3-1DSCF6605.jpgzawer3-2DSCF6609.jpg
ここ をクリックするとビデオが見れるよ。

気を取り直して、続いて出てきた Virgen マリア様の山車は、問題なく出発に成功!マリア様の山車はいつも Palio という天蓋を持つことから、別名 Palio とも呼ばれるん。この山車はスケルトンの天蓋と緑のマントが印象的やったわ。




* セマナ・サンタ * 中編 * * の続きを読む
スポンサーサイト
2007/04/07 (土) 03:58 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) | Comments:(21)
セマナ・サンタ * 前編 *
先週の土曜日に寒い中、誕生会へ参加して雨に濡れたせいか、火曜日に体調を崩してしまった私・・・ 目の辺りに熱を感じ、喉の痛みを抱えながらも、彼の従姉妹ちゃんたちとセマナ・サンタの山車を見に出かける。運悪く大雨に降られ、帰ってきたときには、38.5の熱と水も喉を通らないくらいの激しい痛み。涙 翌日、保険 を使って救急で病院に行ってみたら、Amígdala 扁桃腺 が腫れまくってヒドイ状態になっているとのこと。抗生物質、炎症抑制剤、解熱・鎮痛剤を処方してもらって、現在は自宅静養中です。1年間楽しみにしとったセマナ・サンタやのに、ついてないわ~^^;

さて、早速セマナ・サンタの話に入りたいと思うんやけど、今年は悪天候のせいで、出られなかった or 雨に濡れて途中で引き返してしまった Paso 山車が随分ある。1年前 から、この日を楽しみにしとった Cofradía カトリックの信心会 (各教会の信者が集まる組合) の人たち ~ 自分の教会のパソと一緒に Nazareno トンガリ帽子の受難者・Costalero パソを担ぐ人・Penitente 十字架を背負う懺悔者 として参加する人もメンバー ~ も、さぞかし残念に感じとることやと思う。私も心が痛いわ・・・

そんな中でも、お天気がもってくれた日曜~火曜日の夕方までに見た素晴らしいセマナ・サンタの場面を、ザクッと紹介するよ! 追記は、前半と違って明るい内容やから(笑)、どうぞお楽しみにっ




* セマナ・サンタ * 前編 * * の続きを読む
2007/04/06 (金) 09:38 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) |
もうひとつの楽しみ
昨日はお昼に彼の実家の周りを散歩していっぱい歩いたもんで、夜疲れ果てて、お目当ての山車を観に行けやんだ。今日日曜日は早朝に1つ出るだけで、その最後の行列も私が起きた頃には終わってしまっとったから、結局私の Semana Santa 見学は木曜の夜中 (金曜の明け方) を持って終了したことになる。また来年のお楽しみやね~

というわけで、今年の セマナサンタ の最後の記事は、「山車見学のおまけ」 についてのお話です。



* もうひとつの楽しみ * の続きを読む
2006/04/16 (日) 21:09 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) | Comments:(6)
Jueves Santo y La Madrugda
昨日木曜日 Jueves Santo は、日曜日の Domigo de Ramos に続いて大事な日。多くの人が正装して外に出とって、女の人の中には Mantilla という伝統的な髪飾りのようなものを着けとる人もおる。そして金曜にかけての夜中は、La Madrugada って言って、名高い山車の沢山出る時間の区切りがある。ちなみにこの辺りでは "La Madrugá" って風に発音するよ!

mantilla.jpg

家を出たところで例の Mantilla を着けとる女性が3人集まっとったから、ちょっと失礼して記念に写真を1枚撮らせてもらった。「あなたたちが Mantilla を着けてる女性の中で一番綺麗だから・・・」 というお世辞の(?)一言も忘れません。笑


さてさて、今日は Los Caballos の山車に出とる私の友達を2人紹介したいと思う^^

loscaballosenri.jpg

まずこちらが Enrique (英語で言うヘンリー)。タタンカの実家の向かい側に住んどるご近所さんでもある。今年の夏に10年近く付きあっとる彼女と見事ゴールインを果たす予定 おめでとう!


loscaballosalfonso.jpg

続きまして、彼と同じ地区出身の幼馴染の一人 Alfonso。私の文通友達の Marta の叔父でもあって、セビージャに行くとよく一緒にご飯食べるんさ めっちゃ優しくて、お兄ちゃんみたいな存在なんやけど、写真を撮りそこねかけた私のために、こっそり振り返ってくれた。笑


ビデオ①
彼ら2人が付いとった山車がこれ。本当はこの行列、La Exaltación って言うんやけど、後ろに乗っとる馬 "Caballo" が特徴の山車やもんで "Los Caballos" という名前で知られとるんよ。セビージャのセマナサンタで一番重い山車で、前まで4つの馬が乗っとったんやってさ(今は2頭になっとる)。


loscaballosvirgen.jpg

イエス様の山車を見た後、次の場所に移動しようとしたら、途中で友達に遭遇たもんで、少し立ち話しながらついでにマリア様の山車も見た。目の前で良いタイミングでストップしてくれたから、ブレずに写真を撮ることに成功!!わーい。白と黒で統一されて、綺麗やね~。


ここからは、La Madrugada のリポートに入るよ


* Jueves Santo y La Madrugda * の続きを読む
2006/04/15 (土) 03:52 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) | Comments:(4)
Martes Santo
火曜日は彼タタンカが Los Estudiantes っていう大学のチャペルから出る山車に、1650人の Nazareno の1人として付いて歩く日。もうかれこれ14~5年続けて出とるん。これまで毎年16時過ぎ~23時過ぎってスケジュールやったのが、今年から2時間後ろにずらされることになったらしい。しかも現在セビージャ大学の前は工事中みたいで、「(元の大学の教会に)戻ってくる瞬間は、見れないと思うよ」 って言われてしまった。涙 到着が見たいのに!!

とりあえず、行ってらっしゃい


* Martes Santo * の続きを読む
2006/04/13 (木) 12:52 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) | Comments:(13)
Lunes Santo
は~い、セマナサンタ・ネタに戻ります。笑

セマナサンタ2日目の月曜日は、前日の疲れもあって家を出たのが夕方になってしまった。と言っても、一番山車が多い時間は、19~20時やから全然問題ないんやけどね

ninobola.jpg

山車を見るポイントに向かって道を歩いとったら、大きいロウボールを持った子どもを発見!小さいアルミホイルや紙の玉に、少しずつ Nazareno に頼んで垂らしてもらったロウが、2日目にしてこんな大きさになっとるなんてスゴイ!!




* Lunes Santo * の続きを読む
2006/04/12 (水) 20:40 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) | Comments:(6)
La Hiniesta ② --- Domingo de Ramos
ふっふっふ。怪
実は日曜日の山車見学は、まだ終わってません。

La Paz を見終わって家に帰ってきて一休みした後、今日の一番のお目当て La Hiniesta の到着を見なきゃ!!! と、疲労困憊で寝てるタタンカを強引に起こして(しかも翌日は月曜で普通に仕事があるから朝早いのに・・・)、夜中の2時に行ってきたよ 鬼彼女でゴメン。

文字ばっかりもあれやから、今回はビデオを駆使して臨場感を出していきたい思う!
* La Hiniesta ② --- Domingo de Ramos * の続きを読む
2006/04/10 (月) 23:30 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) | Comments:(9)
La Cena y La Paz --- Domingo de Ramos
昨日は、あの後セントロで友達カップルと待ち合わせして、午後のセマナサンタを楽しんできたよ!

La Cena は、山車が3つ出る。最後の晩餐の様子を表す山車やから、上に乗っとる人形の数も半端じゃない。だから重い= Costaleros (山車の中に入って支える人) の数もかなり多くて、それ故に山車自体もかなり大きいものになる。Nazareno は、600人と他の山車に比べると少ないほうやから、裏を返して言えば、山車までの待ち時間が少なくて済む。笑


laamargura.jpg

大きい山車だけに、細い道に入って見るとすごい迫力が楽しめるってことで、そこを目掛けて移動する。その途中で、別の La Amargura っていう山車の Nazareno (出発前で彼らは自分の出る教会に向かっとるとこ)と遭遇! 「ちょっと写真撮らしてもらおかな」 と思ってカメラを構えたら、なかなかシャッターが下りやんくて、真っすぐ歩いてきた Nazareno に突進されそうになった・・・。ちと怖い。


lacenacostalero.jpg

La Cena の通る道を先回りして、良い場所ゲット
山車が通る前に、Costalero たちが前を通っていった。この頭に巻きつけとるターバンみたいなやつ、Costalero 特有のものなん。この首の部分で山車を下から持ち上げる!すごい力持ち。

ではでは、ここから山車自体の紹介に入るよ

* La Cena y La Paz --- Domingo de Ramos * の続きを読む
2006/04/10 (月) 20:05 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) | Comments:(4)
La Hiniesta --- Domingo de Ramos
セマナサンタの第1日目 Domingo de Ramos は、みんなが正装をして外に出る日。男性も女性も老若男女問わずお洒落して、バルで食事したり、パソ(山車)を見たりする。キリスト復活の日で祭日になる木曜日が一番大事って言う人も居るけど、その頃には週末を利用して旅行に出かける人も結構おるし、実際に一番盛り上がる+みんなが気合を入れる日は、今日の日曜日やと思う。

というわけで、私も久しぶりにきちんと化粧してみたよ。笑 彼も出発前にシャワーをして準備万端!ひとまず友達と集合するバルに行ってから、私たちだけお目当ての La Hiniesta っていう山車の15時の出発を見に、San Julian 教会に向かった。


hiniestalista.jpg

出発の45分前に教会に着くと、もう既に人だかりが出来とった。教会の横の入口には、Nazareno たちの並び順が書かれたリストが外に出されとったよ。(セマナサンタの仕組みを詳しく知りたい人は、ここを参照 してね) Nazareno としての経験が浅い人から順番に並んで、経験が長ければ長いほど、山車の近くを歩くことが出来る。 


hiniestaconbento.jpg

早く来たおかげで、かなり良い場所を陣取ることが出来た。彼が飲み物を買ってきてくれたから、それを飲みながら+ハンドブックを読みながら、ひたすら待つ・・・。ここの山車には、1500人くらいの Nazareno が付いとるから、イエス様とマリア様と半々ずつ付いとるとしても、各750人。それぞれの山車の前を750人がゆっくり歩いて行くで、メインの山車が出てくるまでの時間が長いんよ~。今日は予定では55~65分で全部出終わるはずやったのが、結局1時間15分も掛かったもん。その前の待ち時間も合わせると、2時間同じ場所に立ちっぱなしやったよ。汗 

この写真は、ちょうど教会の向かい側にある修道院。窓にもキレイな飾り付けがされとって、本当に華やか^^ 実はこの建物の中にも Nazareno たちが待機しとる。
* La Hiniesta --- Domingo de Ramos * の続きを読む
2006/04/10 (月) 01:15 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) | Comments:(7)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。