chiota のプロフィール

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
1月6日(祝)
スペインは、1月5~6日と、年末年始最後の大イベント LOS REYES MAGOS で盛り上がりました。
カトリック教の「東方の三賢人・三博士」と、日本語では訳されていて、5日の午後に町中を練り歩くパレードがあり、その夜、お利口さんにしていた子供たちの所へ、プレゼントを持ってきてくれるんです。

cabalgata_20100107074106.jpgcabalgata2.jpgcabalgata3.jpg

パレードでは、沢山のユニークな山車が出て、キャンディーやお菓子などを、いっぱいばら撒きます。
写真㊥はドンキホーテ、写真㊨はチャーリーとチョコレート工場がテーマです^^

そして6日は、家族でプレゼント交換
私たちも、朝起きてから、用意してあったプレゼントを片手に、タタンカの実家へ向かいました。

。。。
。。。
。。。

* 1月6日(祝) * の続きを読む
スポンサーサイト
2010/01/07 (木) 08:35 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(11)
2月13日と14日
みなさん、こんにちは~
前回の記事に沢山のお祝いメッセージを頂き、ありがとうございました!
早速彼と2人で手続きに動いてます。

さて、今日はバレンタインデー。みなさん、どんな1日を過ごされたのでしょうか。
さっきお友達 エミリアさんのブログ にお邪魔したら、初めてチョコを渡したバレンタインのエピソードを書いてみえて、私も中1のときの自分を思い出してしまったよ^^ 下見もして、付き添いの友達に一緒に来てもらって、当時好きやった S くんの家まで行くと、彼はシャワー中で、代わりに出てきてくれたお母様にプレゼントを押し付けてダッシュで帰ってきたんやった。笑 淡い&ほろ苦い思い出

スペインで2月14日は día de los enamorados 恋人たちの日 って呼ばれとって、男性が女性に贈り物をするのが一般的な習慣やと思う。お店に行くと、置物からキッチン用具までプレゼントの幅も広くて、特にチョコとか甘いものを渡すっていうイメージは無いように感じる。タタンカ・・・ 今日やって知っとるかな?

↑ 冗談で書いたんやけど、、、なんと仕事帰りの彼の手ににはこんな素敵な箱がっ

DSCF6103.jpg
チョコレート狂の私にはピンポイント
野生児やとばっかり思っとったけど、成長した?笑


そして今日はもう一つ報告。
昨日、スペインでは忌み嫌われとる 13日の火曜日 に、タタンカと私にとって重大な出来事があったん。




* 2月13日と14日 * の続きを読む
2007/02/14 (水) 23:31 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(21)
病気のときの知恵袋@スペイン
みなさん、沢山の励ましのメッセージ どうもありがとうございました。
おかげさまで順調に回復して、今日はバーゲンにまで出かけられる元気があったほどです! お腹はまだ弱冠ゆるいけど、まぁ・・・ 4日も絶食してたんですもんね。消化の良いものから順に食べて、少しずつ胃を慣らしていけたらなと思っています^^


さて、前々から体調を崩す度に気になっとったんやけど、スペイン人って全体的に平熱が高いんかな。タタンカの家族なんて平熱37度弱あるらしくってさ、私が36度無いって言ったら 「え~っ、死人やん?! 」 ってビックリされたよ。笑 そのほかに、これまた彼の家族だけなんかもしれんけど、熱が出たらみんなが口を揃えて薦めるこんな風変わりな習慣があるん。

☞ シャワー or ぬるめのお湯に浸かる。
初めて聞いた時は、とんでもない!! と思って、目が飛び出たわ。シャワーなんて入ったら逆に身体が冷えてしまいそうやし、ましてやぬるま湯ってオイ 浴槽で倒れたりしたらどうするんやろ。

☞ 布団をあまりかけない。
これまた1に似て、体を冷やす作戦? 私は今まで、暑くても厚着していっぱい汗をかくようにって言われて育ったから、どうも抵抗があるんやけど^^; いつも彼ママに 「あらあら、こんなに暑くして、熱が更に上がるじゃない」 と布団を剥がれては、後でまたこっそり掛けとる私。笑

☞ お見舞いに来てくれる人がやたら多い。
体調が悪くて寝ていると知れ渡ると、ひっきりなしに友達・ご近所さんが訪ねてきてくれる。嬉しいけど、正直言うと ちょっとありがた迷惑? だって熱+下痢で苦しんどるのに、のんびり話す余裕なんて無いんやもーん。それに病気をうつしてしまいそうで、気になる。

それともうひとつ驚きなのが、今回点滴して家に帰る途中彼ママが 「良かったらお風呂にでも入って、さっぱりしてから寝たらどう?」 って・・・ えええ、注射や点滴のあとって、最低1日は入浴したらあかんのと違ったっけ と仰天したさ。所変われば品変わる じゃないけど、ほんとビックリの連続のスペイン生活やわ。今のところ、この点では断じて郷に従うつもりないんやけどね^^;

そうそう、病院で食事制限を受けた時 「○○は食べてよし、△△は駄目」 なんて詳しい説明書きをもらったから、今日は参考までに スペインの食餌療法 を紹介したいと思うよ



* 病気のときの知恵袋@スペイン * の続きを読む
2007/01/09 (火) 09:01 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(21)
クリスマス本番 ~後編~
24日クリスマスイブは、la nochebuena と呼ばれ、家族で夕食を食べる習慣がある。タタンカ一家は、彼の母方家族とクリスマスを祝うのが恒例やもんで、この時期になると マドリッドに住むアリシア一家 が南下してきて、みんなで一緒にディナーをいただくんさ。

彼の家族の中では、やっぱりプレゼントは伝統を守って1月6日 Los Reyes Magos の日に渡す風潮が強いんやけど、アリシアたちは年が明けたらすぐにマドリッドに帰ってしまうもんやから、彼らとだけはサンタクロース制度 (?) でプレゼント交換をするんな。しかーし、1週間前の記事で書いたとおり、当日になってもまだアルバとルシアの両親へのプレゼントが用意できてない私たちは、焦って朝からセントロに向かうことになった。汗

ここで大問題が発生!! なんとどの店も 日曜日&イブ というわけで閉まっているではないか・・・。ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ、これはもうコンビニか観光客用のお土産屋さんに行って適当なのを買うしかないのか? え~っ、でもこの2人には良い赤ワインをプレゼントしたかったのに と諦めきれずに走り回る私たち。

そうこうしとる間に、サンタクルスという旧ユダヤ人街の地区に迷い込んで、偶然にも彼の両親を招待する予定やった Aire de Sevilla に行き着いてしまった。ついでやし、招待券を買っておこうか、なんて中に入って見学しながら、アラブ浴場のチケットを購入^^ すっごく慌ててるのに、何してるんだか。笑

当てもなく彷徨うのにも疲れ、もう仕方ないからコンビニに行こうって話になって、歩き始めた私たちの目の前に 「ん?」 なんか不思議な雰囲気のお店が顔を現した。中には誰もおらん様やけど、扉が開いとって中からチーズのにおいがしてくる。思わず店内に足を踏み入れてみると、、、なんとっ、チーズとワインを扱う小さな専門店になっているではないか 信じられ~ん!

zawersantacruzpatio.jpgzawerlaalacenavino.jpg
※ 左はサンタクルス地区で見つけたパティオのひとつ、右はチーズとワインのお店 (クリックで拡大!)

バイクのヘルメットを片手に入ってきた御主人の話によると、彼のお薦めを集めたワインのお店らしい。どんなタイプのものを選べば、アリシアたちに気に入ってもらえるか好みなんかをオーナーに相談しながら、選んだのは リオハの Gran Reserva 87年物。ちょっと いや、かな~り 奮発してしまってお財布は悲鳴あげとるんやけど、でもこんな素敵なお店に出会えたこと、アリシアたちにきっと喜んでもらえるワインにめぐり合えたことがすごく嬉しくて、タタンカと2人笑顔でお店を後にした^^ 次は私たちの好きなワインを選びに来たいなぁ。


さてさて、ゆっくりしてる間はありません。家に帰ったらすぐにプレゼントの包装をし、夕方4時にやってくるアリシア一家のお迎えの準備に入る。テーブルを移動させたり、椅子をご近所さんに借りに行ったり、とにかく忙しい。家の家具の配置がほとんど変わってしまったんじゃないかな? 笑 なんせ大勢がリビングに集まるからね。

予定時間を15分回ったところで、到着したアリシア一家。お迎えに降りたついでに、アルバ&ルシアと近くにある ミラフロレス公園 へ行ってきたよ。遊具が沢山あって、楽しむ2人+題の大人が約1名・・・ はい、タタンカです。笑 小学生に滑り台を譲ってもらって大はしゃぎする29歳、いかがなものか。

zawernavidadparque.jpg



* クリスマス本番 ~後編~ * の続きを読む
2006/12/29 (金) 08:39 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(20)
クリスマス本番 ~前編~
23日の土曜日からクリスマス3連休のスペイン。毎日朝から晩まで、その辺ほっつき歩いて忙しい週末を過ごしたよ。まずは、1枚目の写真をご覧くださいな。

zawerjoseangel.jpg


ゴォーーーーーーーール!!

23日は、前々から予約してあった近所のコートに13時集合で、サッカー大会。普段は忙しいみんなも、サッカーとなれば駆けつける!! 合計で30人以上が集まって、2チームに分かれて試合をしとったよ。

zawerbeato.jpgzawertatanka.jpg


運動不足が祟って、バテバテのみんな。笑 ゴールキーパーは7分交代、それ以外も休憩に入る番まで決めて、スペインにしては珍しく きちんと計画が立てられて進む試合。左の写真は、途中休憩で着替えをするベアト氏@ちょっぴりギャランドゥ、右は5分走っただけでヘトヘトのタタンカやよ。笑 結局最初の20分で早くもリタイアして、今日もまだ全身筋肉痛に雄叫びをあげとる・・・ お気の毒。

お昼ごはんは各自自宅で済ませ、夜に備えてシエスタ^^ 今日はここからが本番やからね。



* クリスマス本番 ~前編~ * の続きを読む
2006/12/27 (水) 04:34 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(7)
電話会社の不当な請求
スペインの電話・通信会社の悪名、噂には聞いとったけど・・・
まさか自分の身にこんな事態が生じるとは!!!

それは 9月下旬にプリペイドから契約に切り変えた携帯 から始まった。9月は普通に終わり、10月6日に9月分の請求書が届いて、数日後7ユーロが私の口座から引き落とされた。電話の発信先と通話時間もチェックして、問題なし。

10月10日、朝起きてシグナルが点滅している携帯を見ると、ん? 「ショートメッセージを受信しています」 との表示が! 何かなと思って見てみたら・・・

カスタマーセンターよりお知らせです。
「お客様の今月のウェブ使用料が、160ユーロ (=2万5千円弱) を越えました」


は?! 携帯でネットなんて一度もしてないしっ
家で無線 LAN が24時間使用可能の私は、そもそも携帯のウェブ機能を使う必要なんて無い。音楽についてもタタンカが作曲してくれた着信音があるから、着メロのダウンロードなんてせんし、どう考えてもおかしい。

そんなわけで、お客様コールセンター 123 へすぐさま電話することにした。オペレーターの人に、このショートメッセージについて質問すると、「あ、それ機械のミスで勝手に送られてしまったんですよ。実際の使用料には反映されないので、気にしないでください」 だってさ。

なーんだ、プログラムのミスね。ビックリしたな~、もう^^;
でもまぁスペインならありうるか! なんて納得して、彼と2人安堵の胸を撫で下ろしたのであった。




* 電話会社の不当な請求 * の続きを読む
2006/12/04 (月) 07:50 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(19)
予約を取るのも一苦労!
病院行くのって何かと大変やけどさ、今その前の予約段階で手を焼いとる。私が行きたいのは、婦人科。生理痛をはじめ気になる事もあるし、何かあったときのために、信用できる行きつけの病院を見つけておきたい。そんな気持ちから、まず検診を受けることにしたのだ。診てもらって何もなかったら無かったで、安心にも繋がるしな^^

例の如く 先月入ったプライベート保険 の提携病院一覧から、立地条件を元に目ぼしいところをチェックする。やっぱりデリケートなことでもあるし、女性のお医者さんが良いなと思って絞ってみたら、いきなり選択肢がごそっと減ってしまって、ちょっと焦ったんやけど、とりあえず家から近い所に電話してみることにした。それが先月の終わりやったかな。簡単にまとめると、こんな感じの会話。

私: 「検診で予約をとりたいんですけど」
受付の女性:「一番早くて12月15日の予約になります」
私: 「(内心、ひょえ~っ!そんなに待つの と思いながら) じゃあ、その日でお願いします」
受付の女性: 「では、確認しますね。17日の18時に、カルロス先生の診察で予約をお取りしました」
私: 「はい。・・・・・・ え?! 男性の先生ですか。女性の方が良くて、こちらにお電話したんですけど」
受付の女性: 「女性の先生の予約だと年明けになるので、11月の下旬にもう一度お電話いただいて、予約の取り直しになります」


えーーーっ 2ヶ月も先 なん?! 女性の婦人科医は人気があるってのは分かるけど、予約が出来やんくらい遠いところまで一杯ってどうなんよ・・・。しかも調べてもらったところによると、どうやら早くても1月の中旬になるらしい。がーん、がーん、がーん。

そんなわけで、とりあえず12月17日にカルロス先生に検診だけしてもらうことにした。もしかして念のため今月末のもう一度電話して、女の先生の予約も取っておくかも^^ そうそう、先に男の先生を削除してしまっとったせいで気付いたんやけど、良く見てみたら同じ住所が書かれた婦人科の先生の名前が幾つかあったん。私の予約とったとこもそう。大きめのクリニックで、何人か担当医がおるってことなんかな? せっかくやで来月診察に行ったときに、その辺の様子も伺ってこよっと。笑


今日は追記で、Currito の近況報告をするよん




* 予約を取るのも一苦労! * の続きを読む
2006/11/23 (木) 08:29 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(26)
ティーンエイジャーの発想
実は金曜日の午後から急に体調を崩しとった私。今週末は色々と予定があったのに、結局ずっとゴロゴロして過ごしてしまった。唯一外に出たの、今日のお昼ご飯くらいかも? ウエルバに住むスコットランド人の友達ポールが、タタンカの双子の姉 のところに遊びに来てて、一緒に近所のバルに食事に行ったのだ。最初は 「食欲ないから、家でスープでも作って食べる」 なんてほざいとった私も、人が美味しそうに食べとんのを見とったら、急にお腹がギュルギュル言うてきてさぁ・・・^^; 結局、魚介類のフライの盛り合わせとパプリカのサラダを頼んで、彼と完食してしまったよ ここ2日間の病人食で、飢えとったかな?! うひひ。

風邪でベッドに横になっとる間、タタンカが色んな話をしてくれた。その中で一番笑ったのが、去年通ってたコース CEA のクラスメート モニカ (クラスで唯一の10代) のエピソード。

英語モジュールの最終日の授業、『クラスを2つのチームに分け、一人ずつ順番にカードを引き、そこに出てきた単語を別の単語を使ってチームメートに説明し、当ててもらうゲーム』 をすることになったらしいの。コツを掴んでゲームが盛り上がりかけたとき、タタンカと別のチームの一人 エステル の引いたカード、マッシュルーム (※ スペイン語で Champiñón チャンピニョン) が発端で、その珍話は起こった。

まずホワイトボードに絵を書く。。。 シンプルなものやから、みんな一瞬で何かは分かったんやけど、それを英語で言えやんから答えれやんという、ある意味悲しい事態に!笑 仕方ないから、単語の後半が 「ルーム (=部屋)」 であることを必死に説明したエステル、そこまでは良かった。

気付いた誰かの 「ルーム!ルーム! (ちなみにスペイン語的発音なので、最初の音を巻き舌にして ”ルゥン!ルゥン!” って感じ。笑)」 って声で、みんな答えが分かって 「じゃあ何ルーム?」 と聞いた瞬間、「はいはいっ!分かった~!!」 と大声で叫ぶモニカ。その次に出た言葉がなんと・・・




チャンピンルゥン!!!


ありゃま! やっちゃいました。笑 もちろんクラス中、大爆笑。それでも何が面白いのか気付かんモニカ、さらに笑いを買っとったらしい。タタンカなんて半年経った今でさえ思い出しながら大笑いしとるんやよ。私も大概笑ったけど・・・。これからしばらく、マッシュルームを買う&食べる時は、これで盛り上がりそうやわ。

さて、モニカの微笑ましい話はこの辺にして、今日の追記は散歩中に見る面白い光景についてやよ。



* ティーンエイジャーの発想 * の続きを読む
2006/11/20 (月) 23:55 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(18)
保険を使って病院へ・・・
この間の金曜日、加入したばっかりの 健康保険 を使って病院に行ってきた。スペインに来てから、腰痛や視力の低下等、気になるところが幾つか出てきたんやけど、まずは一番簡単に予約がとれた歯医者さんから・・・。

私の入ったプライベート保険は、スペイン中にいっぱい提携病院 & クリニックがある。最初にもらうタウンページのような冊子に記載されとるお医者さんなら、どこでも無料で診察してもらえるし、前に説明した通り Copago 制度が無いから、安心して通院できるんやけど、、、 ひとつ痛いポイントがある。

歯医者さんに関しては、保険対象外。


これは別に、私が入った保険会社に限った話ではなくて、一般の社会保険にも言えることやから、ビックリする話ではなかった。ただ、噂によると 抜歯だけ は無料でやってもらえるらしい。まぁ、その後の治療は結局のところ実費なんやけども・・・ くわばらくわばら。

だから念のために、オプションで歯医者さんの保障も付けといたんよ、私。・・・と言っても、全部を保障してもらえるわけではなくって、検診やクリーニングに関しては無料でやってもらえるけど、治療することになったら保険の対象を外れるから、自分ではみ出した分の額を支払わなあかんっていう内容なんやけどな。

今回はとりあえず検診で予約を入れてあったから、レントゲン (さっそく実費で13.50ユーロ=約2000円) を撮って診てもらったん。私の担当をしてくれた中年の先生、「君の主治医の先生は、良い腕してると思うよ。すごく上手に治療してあるから!」 なんて会話から始まって、私が眉間にシワを寄せてしまった単語を詳しく説明してくれたり、日本のこと色々質問してくれたり、すごく優しい方やった。レントゲンを見て、見つかった虫歯は2つ・・・ ひとつは要治療なんやけど、もうひとつはまぁ様子を見ても大丈夫という結果やった。診察が終わって、「見つかった2つの虫歯の治療費について助手から説明を受けてから今日は帰ってね~」 みたいな感じで診察室を出るところまでは良かったんよ。

まず、今のうちに神経を抜いておいたほうが良いとの診断を受けた、左下の奥歯。なんと治療費・・・





650ユーロ!!!!! ぎぇーーーーーーーっ。


いやぁ、 おめめ が飛び出たよ、ほんと。今まで日本ではいつも保険の範囲内で治療してもらっとったで、本来の治療費がどんなものなんか考えたこと無かったんやけど、日本で2回神経を抜いてもらったときも、いくらやったか記憶にないくらいやで、たぶん高くても千円台やったと思うんよな。それが、あなた・・・ 650ユーロ=約10万円 って、どうよ。下手したら、日本に一時帰国して、お世話になっとった地元の歯科に行って治療してもらったほうが安くつくよ?! 先生も、私の主治医は腕が良いと太鼓判押してくれたことやし、なぁ。汗

ちなみに、気になるもう一本の歯 (ちょっと削るだけ) の治療費は、50ユーロ=7500円。う~ん、こちらも日本で考えると、すごい金額じゃない? 私の行きつけの歯医者さんだけかもしれやんのやけどさ、どんなに空いとっても毎回15分くらいの診察で、だいたい500円前後なんよな。安いときは、100円台のときもあったり! さすがに 「130円です」 とか言われると、驚いて 「えっ?」 って聞きなおしてしまうけど、そういう相場に慣れとる私にとって、7500円は逆の意味で想像を超えるもの。

今のところ、後述の歯に関しては治してもらうつもりでおるけど、前者は・・・ えーっと、無理やな。そもそも、神経を抜くという大掛かりなのをスペインの歯医者さんに任せるよりも、既に2回やってもらっとって信頼のおける日本の主治医にお願いするほうが安心やし、それに何より 10万 はちょっと 貧乏学生の私には支払い不可です。

そんなわけで、とりあえず次回の一時帰国のチャンスが回って来るまで、奥歯さんには大人しくしといてもらわなあかん。うぅーっ、酷くだけはなりませんようにっ!



こんな歯の話をしといてアレなんやけど、この間 マドリッドに行ったときに アリシアに教わったもうひとつのレシピ BIZCOCHO を追記で紹介するよ。スペインのママが焼いてくれる、レモン風味の定番スポンジケーキ。しっとりとしてて、美味しいの^^ 興味のある人は、是非覗いていってね



* 保険を使って病院へ・・・ * の続きを読む
2006/11/13 (月) 10:25 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(21)
二重窓の大工事 (珍騒動付き)
サマータイムが終わってから、急に日が短くなったよな。今まで7時過ぎても明るかったのが、近ごろじゃ6時台に暗くなってしまう。買い物に行くのも、私は夕方派やから、一人で買い物カゴをガラガラ引っ張りながら出てくの、ちょっと怖くなってきた。うちからスーパーまでの道、人通り少ないし 気つけよ。

さて、暑い暑いと言うとったけど、雨が降るごとに少しずつ寒くなってきた、アンダルシア。一昨日は20度台前半やって、日が落ちてからはジャケットが要るくらいやった。

そんな中、昨日なんと我が家で つらら を発見。そう、あの 「氷柱」 と書くやつ・・・。しかも逆向きバージョン 『クリスマスツリー型』 と珍しかったから、思わず写真に収めてしまったよ!


zawerDSCF5254.jpg



光が少なくて、写真の画質が悪いんやけども、そう! 冷凍室の中!!
実はいま冷蔵庫が2つあって、他の住人が大きい方、彼と私は小さい方を使っとるんやけども、小さい冷蔵庫の冷凍室がこのようにすごく小さくって、いつもパンパンの状態なんよ。一応大きい冷蔵庫の冷凍室も間借りして、使わせてもらっとるんやけど、それでもいっぱいいっぱい。

何をそんなに保存しとるんかって言うと・・・ うちは炊飯器が無くて鍋やもんで、ご飯炊くのに時間がかかるから、一度に1キロくらい炊いてしまって、一回分に分けて冷凍してあるん。それ以外に、煮込み系を作るときも同じで、多めに作って冷凍。そうすれば、温めるだけで1回の食事に出せるおかずの幅が広がるから、っていうサボり精神がそうさせとるだけ 更にお肉もまとめ買いしておいて、小分けして冷凍・・・ と、冷凍室を常にフル活用しとる感じなんさ。

そのせいもあってなんやろか。まだ買って半年も経たん冷蔵庫やのに、冷蔵室がたまに機能不全に陥ってしまうみたいなんよ。詰め込みすぎが原因?? 時々冷凍室内が勝手に解凍されてしまって、このように氷の丘が出来てしまう。これって、解決法あるんかなぁ。やっぱりヘラとかでガツガツと力任せに取らずに、一度電源を切って溶かしてから掃除せなあかんとか? 出来れば頻繁に大仕事せなあかん状態は避けたいんやけども、どなたか良い解決策をご存知の方、お助けを~!


ところで、ここ最近すっごく工事の多いセビージャ。どこに行っても工事のため通行止め、美しかった広場が跡形も無くなったり、大規模な工事を始めるだけ始めて放置するから町中大渋滞! など、結構町中大変な状況なんよな。ホコリっぽいだけじゃなくて、渋滞のせいでクラクションも酷いし、それに何より市民の憩いの場所を破壊してしまうのは頂けやん。例えば、若者の集い場所 アラメダ地区 (出典: Diario de Sevilla) とか、昔の姿は何処へ? ってくらい破壊されまくっとる。この地区から若者達を追い出して、最終的に高級住宅街を建てるらしい。う~~~ん 納得しがたい。

・・・・・ と、その延長では無いんやけど、追記は、我が家で起こった大工事 リフォーム についてやよ^^



* 二重窓の大工事 (珍騒動付き) * の続きを読む
2006/11/06 (月) 08:10 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(19)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。