chiota のプロフィール

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
週末旅行に行ってきます
今日の午後から彼と一緒にまた Grupo Abades の支配人 Paco (2005年 11/20 ~22の日記を参照してね)に会いに行ってくるよ。と言っても、今回は Loja の観光ではなくて、近隣にある白い町に連れてってもらう予定なん。

そんなわけで、日記の更新は、移動の車の中から携帯を使ってしていこうと思っとるけど(ひとまずヤプログのみ更新で、こっちは帰ってきてからコピペして行く予定!)、コメントへのお返事は、日曜の夜か月曜の朝かに帰ってきてからになるので、ご了承くださいませ^^

わーい、楽しみ
スポンサーサイト
2006/03/31 (金) 21:30 | 息抜き+ストレス解消 | Trackback:(0) | Comments:(2)
またムダ足。涙
またやられた!

久しぶりの授業日やった今日。と言っても新しく始まる科目の開始日で教室とかも決まってなかったから、きちんと時間通りに行ったん。「きちんと」 ってのは、だいたい普通の授業日やと教授も遅れて来るから、私も5~10分遅れに着くように合わせて行っとるん。笑 だって教室が開いてなかったりするんやも~ん。

今日から始まる科目の担当教授は私のチューター Miriam なんやけど、前々から連絡を取るつもりが、あっと言う間に時が経って、『3月30日の授業どうなりますかメール』 を出す間もなく当日を迎えてしまった。しかも私は Miriam の連絡先知っとるけど、先生は私のを知らん状態・・・。

昨日の夜クラスメイトの友達から、「明日の授業あるよね?何時にどこ??」 って携帯メールが届いて、「実は Miriam に連絡するの忘れてさ~。でも明日は時間通りに行くよ^^」 って私は返事を返したんな。で、場所が分からんから、今日とりあえず授業時間直前に教授室をノックしてみたら、、、Miriam が、「こっち!こっち!」 と呼んでいる。
* またムダ足。涙 * の続きを読む
2006/03/30 (木) 22:49 | 博士の勉強 | Trackback:(0) | Comments:(3)
サマータイムの落とし穴
この間の日曜日、サマータイムが導入されることは知っとった。数日前まで、「もうすぐ時間変わるけど、何時が何時になるんやっけ~」 なんて話もみんなでして、「土曜の夜中やったら、2時でもまだ余裕で起きとるなぁ」 なんて笑っとった。

その日は友達と映画の昼の部を見るのに11時半に映画館の前で約束しとった。私は朝からウキウキしながらシャワーに入っとったそのとき、彼が携帯片手に駆け込んでくる。「ちょっと、いま何時か知っとる?!」 「え?10時過ぎやろ?」 「いや、何時やと思う?(半分笑っとる)」

もうお分かりですね・・・。そう、サマータイム導入をすっかり忘れたうちら、おもっきり遅刻の時間に起きて、しかものんびりシャワー!!!そして友達の反応は
* サマータイムの落とし穴 * の続きを読む
2006/03/30 (木) 17:55 | 日常生活 | Trackback:(0) | Comments:(0)
私の大変な英語
大学の第2外国語で受講したまま、放置してしまっとる大嫌いな英語。
たぶんこれは、「高校で英語担当やった先生が苦手を極める人やったから」 っていう -責任なすりつけ型- の理由から始まっとる。それに加えて、文学・語学を専攻したかった私は、すごい厳しい英語の受験勉強をする羽目になって、それで完全に英語嫌いになってしまったんやと思う。

そんな私が最近英語好きになりつつある!
英会話学校に通い始めて2週間。レベルは3つ(初級・中級・上級)あって、レベルによって授業時間が違うの。週1~5日自分の好きな曜日を予め選んでおいて、その曜日に毎週行くん。契約金50ユーロなんやけど、解約時まで「申し込んだ曜日の授業の80%以上に出席」って約束を守ったら、全額返金してもらえるシステムになっとる。
* 私の大変な英語 * の続きを読む
2006/03/29 (水) 20:39 | 日常生活 | | Comments:(2)
ブログお引越しのお知らせ
今日3月29日より、el diario de chiota は、el diario de chiota II として新しく生まれ変わります。

これまでのヤプログの記事は、追々こちらに移動していく予定ですが、それまで以前のブログと新しいこのブログを並行して運営していくつもりでいます。

お気に入り+リンク+ブログリストに加えていただいてる方々は、お手数かけて申し訳ありませんが、新しくこちらの URL を追加していただけると嬉しいです^^ (※メインサイト carpe diem は、変わりなく作動しています。)

これからも、どうぞヨロシクお願します。

2006/03/29 (水) 11:35 | ブログ+HP | Trackback:(0) | Comments:(5)
色男予備軍
今日は鼻血出してしまいそうな イケメン の紹介。


じゃあ、いっせ~の の掛け声と一緒に追記を開いてね!!


* 色男予備軍 * の続きを読む
2006/03/28 (火) 20:05 | 彼: タタンカ | Trackback:(0) | Comments:(0)
これでどうだっ!
ジムの 1ヶ月目の測定 でだいぶ凹んだ私・・・ というか身体にも悪い!
というわけで、先週からついに食事にも気をつけるようにしとるん。

食事制限とかはあんまり好きじゃないから、好きなものは食べるんやけど、時間に注意する。砂糖の摂取量を減らす、などなど。主な改善点はこんな感じ。
* これでどうだっ! * の続きを読む
2006/03/21 (火) 21:12 | 親不知+健康 | Trackback:(0) | Comments:(0)
仕事のオファー
スペインに来て4ヶ月。今までの滞在もあわせると、もうすぐで1年になるけれど、課題をひたすらこなしてた2月下旬のある日、私の元にオファーがひとつ届いた。

「ホテルで働いてみないか?」


私の夢は、知ってる人も結構居ると思うけど、素晴らしいホテリエになること。大学の頃にそう決めて、今までずっとそれに向けて何かしら努力してきた。2年前は、某外資系ホテルのレストランで働かせてもらってたし、万博のお仕事をしたのも、大好きなサービス業の中で何か学びたいと思ったから。

ホテルと言っても、色んな部門があるよな。私の今までの少ない経験からいくと、FB部+宴会部のサービスに、万博でよく入っとった受付(ホテルとは違うけどレセプションのひとつ)くらいしかホテルで役に立ちそうなものは恥ずかしながら無いんやけど・・・。

とりあえず、いきなり翌日に面接に行くことになって、朝からバタバタ。こんな予定じゃなかったから、スーツも日本に置いてきとるし、一番キレイ目のスラックスっぽいやつに春らしいセーター、それに唯一持ってきてたヒールを履いて出かけることに。普段無駄にゆっくり準備したいタイプの私やから、この日はもう焦りすぎて頭がおかしくなりそうやった。

ホテルまで友達が車で送ってくれて、フロントで責任者のゴンザレスさん(仮名)について尋ねると、しばらく隣のソファで待つように指示された。かなり大きいホテルやなぁと周りの様子を見ながら待つこと10分。ホテルの副支配人が登場した!えぇっ、そんな偉い人が出てくるならもっと早く教えてよ。汗

応接間のようなところに案内されて、私の履歴書を渡すと、また用があるらしく5分くらい置き去りにされた。やばい・・・。さっきチラッと4つ星が見えたし、余計にドキドキする。壁の絵を見て 「どうせ、私は失うものだって無いんやし、堂々と行こう!」なんて一人で落ち着こうとしとるところに、ゴンザレスさん登場!!!


* 仕事のオファー * の続きを読む
2006/03/18 (土) 07:47 | お仕事 | Trackback:(0) | Comments:(0)
電話魔。
彼 タタンカ は、この表現がピッタリな人やと思う。

私が一人でお出かけしようものなら、しつこいほど電話を掛けてくるし、お昼の時間(2時過ぎ)に家に居なかったら鬼のように携帯を鳴らす。心配性なのか、単に人の行動が気になるだけなのか・・・。しかも電話の場合、いつもなぜか日本語で会話になる。

逆に彼が友達の家に行くときもそう。友達の家に着くと速攻でうちの電話を鳴らしてくる いや、歩いて10分の友達の家に行くのに心配してないから 小さい子じゃあるまいし。

その後も、結構こまめに電話がかかってくる。 一番困るのが、勉強に身が入ってきたばっかりのときや、ちょうどシャワーを浴びようと全裸になったときの着信。家の電話、4回以上鳴ると留守電に切り替わってしまうから、いつもサロン(居間)までダッシュせなあかんくて、かなり心臓に悪い!

大事な電話やったらあかんと思って、超特急でサロンに行ったら、「あ、ぼくはタタンカです。は~い chiota ちゃんは、げんきぃ??」って・・・。オィ!

しかもこの習慣、絶対親から引き継いどるんよな。だって彼の家族って全員電話魔やもん。彼の弟の彼女も、弟からの着信がすごいらしい。「今日なんて昼間一緒に居て夜また会っとんのに、その間に3回も電話かかってきたよ!」 って言うとるくらいやから

もちろん家族間でもすごいコミュニケーション。さっき実家から帰ってきたばっかりやのに、「何しとるんやろ、電話してみたろかな」 って。何をそんなに話す必要があんの?

スペイン人って親との関わりが強いように思うけど、皆ここまでなんかな???

2006/03/16 (木) 20:34 | 彼: タタンカ | Trackback:(0) | Comments:(0)
プレゼンの結果
以前すっごい ストレス をためて、私を精神的に狂わせた例のプレゼン・・・。

10日前に別の授業でプレゼン があったもんやから、それが終わるまで全然手がつけれやんだんやけど、先週からやっと本腰入れて勉強し始めたん!

まず、私を悩ませた一番の原因は・・・ 全然面白くない
致命的やろ?笑  しかも350ページもあって、浮き沈み無く常に淡々と語られてく感じから、退屈で退屈で仕方ないの。

途中から半分斜め読みしつつ、大事なところだけチェックを付けてって、なんとか分析の段階に入ったのが先週の終わりごろ。もう時間が無いし、だからって他の人の批評とか読んでまとめてしまうのも好きじゃないし、、、そう、私の悪い癖なんやけど、絶対自分で結論を出したいの。その前の段階で本の批評とか読んでしまうと、自分の考えがかなり影響されてしまって、最終的に 「他人の意見のまとめ」 みたいになってしまうから。

だから大抵の場合、最初に自分で最後まで仕上げてしまって、その後で時間があれば批評に目を通しながら、原稿に手を加えたりアレンジを少し変えたりしていく。それが最近の私のスタイルかな。

話がかなり飛んだけど、今日のプレゼンの最後の手直しが終わったの・・・ なんと授業に向かう5分前 いくらなんでもギリギリすぎるよな。爆 しかも家のプリンターがインク無くなったん忘れとって、プリントアウト出来やんし! 慌てて USB に保存して、学校に行く途中の道でコピー屋さんに入って、印刷してもらったよ。ふぅ~、危ない、危ない。


* プレゼンの結果 * の続きを読む
2006/03/15 (水) 00:43 | 博士の勉強 | |
キリ番についてのお知らせ。
魔王からメールがあって、キリ番44444を踏んでくれたとのこと!
というわけで、彼女には素敵なプレゼントをお贈りします

みなさんも、キリ番踏まれたら、キリ番部分の画像を添付して 連絡ください。
私からの 「いつも遊びに来てくれてありがとう」 のお礼の気持ちとして、粗品を差し上げます

次回のキリ番は 50000 です。
ただし、このサイト内で過去に一度も私と関わりの無い方はご遠慮ください。
2006/03/14 (火) 01:15 | ブログ+HP | Trackback:(0) | Comments:(0)
博士の教育制度、見直し?
この前授業に出たときに教授が言うとったんやけどね、スペインの博士課程のシステムが来年から大幅に変わるらしいよ。(もし行く予定の人が居たら要チェック

まず、ゼミの過程がなくなるって。今のような 「最初の1~2年は授業に出て、それぞれの課題をこなす期間」 を無くして、入ったらいきなり論文を書くところからスタートするみたいなことを教授が話しとった。

私の正直な意見としては、現在のカリキュラムの方が良いんじゃないかと思う。もちろん意見は人それぞれやし、今も授業に参加せずに教授とメールでやりとりしながら勉強しとる生徒が全体の半分くらい居るから、クラスに出席するどうこうの話は置いといて・・・。

このゼミの過程って 「これから博士論文に取り掛かるのに際して、どういう風に研究を進めていったらいいか」 ってのを学ぶのにとっても大事やと思うん(物事の捉え方や、分析の薦め方等)。それに実際授業の中で扱った分野や作品が、今まで気付いてなかったけど実は自分にとってすごく魅力的なものやったって発見もあって、私にとって視野を広げる意味でもすごく実りのあるものやった^^

だから、ちょっと残念やな。自分たちがこのカリキュラムの一番最後なんやって思うと、ギリギリ滑り込んでラッキーやったんかなって気持ちもあるけどさ!同志も出来たし


後ね、論文のテーマと担当教授はどうするつもりなんかって話もした。そもそも、今年取った授業が全部受かってないと、論文もくそもないんやけど(爆)、私は大半の学生が2年に分けて取る7つのコースを、ビザのこともあって強引に1年で取っとるからさ・・・。ひとつの課題に打ち込む時間の余裕が無くいもんで、全部の科目で果たして合格がもらえるのか、内心めちゃくちゃ不安やったりする。



* 博士の教育制度、見直し? * の続きを読む
2006/03/13 (月) 00:33 | 博士の勉強 | |
寝坊してしまった
今日は朝から大学で conferencia (講演) があったん。
実際に自分が参加するわけじゃなかったから、迷惑をかけずに済んだのがせめてもの救いなんやけど、本当に聞きに行きたかった講演やったからショックでさ

いま通っとるクラスのひとつで "フランコ政権時代の censura (検閲)" について分析しとるんな。「独裁政権下でどういう文学が翻訳されてたか」 とか、翻訳するにしても実際その過程の中で、読者の考え方を自分たちの政治に有利なように操るための工作があったのは明らかやから、「その工作は、どういう風に行われていたか」 っていうのを調べて明らかにしていくのが課題なん。

ただ、独裁政権が終わって30年・・・。 まだその分野であまり研究がされてないもんやから資料がないのがツライんよね 自分たちで開拓していかんとあかん。
* 寝坊してしまった * の続きを読む
2006/03/10 (金) 20:46 | 博士の勉強 | |
*10%増量中*
みんな大変
あれも、これも、どれも、現在10%増量中やよ!!!
* *10%増量中* * の続きを読む
2006/03/10 (金) 03:08 | 日常生活 | Trackback:(0) | Comments:(0)
タタンカ、ヤッタね!
タタンカに、私立の語学学校でのドイツ語教師の仕事 (バイト) のお話がきた。去年の春に履歴書を置いてきたところが今になって連絡をくれて、それで話がトントンと進んでいった感じなんさ。

前に 彼の就活についての記事 にも書いたんやけど、アンダルシアはもうどうにもならんくらい就職難で、仕事を見つけるのも大変。運よく働き出しても就職難な状況からか、結構ひどい待遇で雇用者を扱う企業も少なくないんよね。

去年 「絶対にドイツ語教師になりたい」 って、履歴書片手に語学学校を端から端まで当たって歩いとった彼も、良い返事どころか反応も全く無い状況で、一時期めちゃくちゃ落ち込んどったこともあったんさな。
* タタンカ、ヤッタね! * の続きを読む
2006/03/09 (木) 20:36 | 彼: タタンカ | Trackback:(0) | Comments:(0)
居住許可@スペイン
今日 ADMINISTRACION GENERAL DEL ESTADO から一通の手紙が届いた
日本語 やと、「国家総本部」 とでも訳したら良いんやろか・・・。

* 居住許可@スペイン * の続きを読む
2006/03/08 (水) 00:47 | 留学 ビザ 手続関係 | Trackback:(0) | Comments:(0)
住民登録@スペイン
何の話を今更・・・ やね

昨日やっと住民登録 empadronamiento に行ってきたよ。本当は写真をアップしたいんやけど、ヤプログがメンテ後の不具合でうまく作動せんくて、画像添付の操作しても反映されへんから、また今度・・・。はぁ、昨日は頑張って書いた記事も保存した瞬間に行方不明になるわ、コメントも書いてる途中に消えるわ、ちょっとイライラさせられとる。

はい、脱線した
そうそう、その住民登録。本当は絶対にせなあかんわけじゃないんやけど、しておくと後々役に立つことが結構あるし、して損は無いからって、ももさん から助言を受けて、それで晴れて手続しに行くことにしたんさ。
* 住民登録@スペイン * の続きを読む
2006/03/07 (火) 00:44 | 留学 ビザ 手続関係 | Trackback:(0) | Comments:(0)
終わり良ければ全て良し
今日の午後にあったプレゼン、あんま上手くいかんだ 教授と意見が食い違ってたってのもあるんやけど、3つ話をしたうちの2番目の捉え方が間違ってたせいで、3番目の話も半分おじゃん。結構時間掛けて頑張っただけにショックやわ。

それにこの授業の成績は、このプレゼンで決まってしまう。あと、それぞれの発表の直後に全員で討論をする機会があるんやけど、そこでしっかり自分の意見を発言できたかどうかも多少成績に影響があるらしい・・・ ほんの少しね。

今日は最後に、教授がみんなの成績を発表して授業が終了した。
スペインの大学の成績は10点満点で付けられる中で、次のように分けられるんさ。

9-10 sobresaliente (優)  
7-8.9 notable (良)  
5-6.9 aprobado (可)  
5より下 suspenso (不可)

高校とかの成績は、notable と aprobado の間に bien っていうのが入るから、また点数分けの仕方も違うみたい。

そして気になる私の成績は・・・
* 終わり良ければ全て良し * の続きを読む
2006/03/03 (金) 00:20 | 博士の勉強 | |
アンダルシアの日
2月28日はアンダルシア州の日

で、今日(火曜日)は祝日。そして週末と祝日の間に挟まれた月曜日は "puente(橋)" って言って休日扱いになるから、今週末は4連休やったんよ~ 普段からほとんど授業ないから、毎日休みみたいなもんやけど、やっぱりただの休みとは違って嬉しい。

というわけで・・・ せっかくの連休を利用して、今日はアンダルシア州の日の記念に(?)お友達の家で 日本食パーティ を催してきたよ!

* アンダルシアの日 * の続きを読む
2006/03/01 (水) 21:58 | 食・呑・楽 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。