chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
2006年もお世話になりました
みなさん、師走をいかがお過ごしですか。

今日大晦日はスペイン語で la nochevieja と呼ばれ、クリスマスと同じく家族が揃って夕食を楽しむ日。日本のように年越しそばを食べて除夜の鐘を聞く習慣はないんやけど、12時に12回なる教会の鐘に合わせて、ぶどうを12個食べるという面白い慣わしがある。

私たちも去年同様、彼の家族と一緒に夕飯を食べ、その後みんなでテレビを見て、日が変わる前に向かいの隣人一家が訪ねてきてくれるので揃ったらシャンパンかシドラで乾杯 → ブドウの準備 → 12時に12度鳴る鐘のリズムに合わせて、12粒のブドウを食べきる → 一部の人は外に出て、爆竹を鳴らす (私は怖いので家で待機。こう見えて意外と小心者なのです。笑)・・・ こんな流れで大晦日の夜を楽しむよ

そうそう、スペインでは12粒のぶどう以外にも、次のように幸せを呼ぶジンクスが幾つかあるん。

年越しは、赤い下着を付けて迎える (プレゼントされたものでないといけない)
右足から1歩踏み出して、1年をスタートさせる
金の指輪を、乾杯するシャンパンに入れる


・・・・・ などなど。それぞれの家庭によっても、色々と異なるみたい。ある友人宅では、12時を回るとパパが家の扉を開けて過ぎた年を 「どっか消えてしまえ~」 なんていう単語と一緒に追い出して、思いっきりドアを閉めるのが恒例らしい。笑

日付けが変わったら、パーティタイムです。正直クリスマスから休み無く飲み歩いとって、そろそろ私は力尽きそうなんやけど、みんなの中では今日が集大成というか、、、 朝まで大騒ぎしまくる日なんさな^^; ふぅ~、私どこまで耐えられるやろうか。


さて、前置きが長くなってしまいましたが、今年1年仲良くしてくださった方々、心から感謝いたします。
みなさんとの出会い&交流があったからこそ、楽しくてハリのある日々を送ることが出来たんやなぁと、いま年の瀬に再実感しています。本当にありがとうございました


2007年がみなさんにとって、笑顔がいっぱいの充実した1年になりますように。
来年もどうぞよろしくお願いいたします^^


Feliz año 2007



Carpe Diem  Chiota




スポンサーサイト
2006/12/31 (日) 21:03 | 日常生活 | Trackback:(0) | Comments:(41)
クリスマス本番 ~後編~
24日クリスマスイブは、la nochebuena と呼ばれ、家族で夕食を食べる習慣がある。タタンカ一家は、彼の母方家族とクリスマスを祝うのが恒例やもんで、この時期になると マドリッドに住むアリシア一家 が南下してきて、みんなで一緒にディナーをいただくんさ。

彼の家族の中では、やっぱりプレゼントは伝統を守って1月6日 Los Reyes Magos の日に渡す風潮が強いんやけど、アリシアたちは年が明けたらすぐにマドリッドに帰ってしまうもんやから、彼らとだけはサンタクロース制度 (?) でプレゼント交換をするんな。しかーし、1週間前の記事で書いたとおり、当日になってもまだアルバとルシアの両親へのプレゼントが用意できてない私たちは、焦って朝からセントロに向かうことになった。汗

ここで大問題が発生!! なんとどの店も 日曜日&イブ というわけで閉まっているではないか・・・。ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ、これはもうコンビニか観光客用のお土産屋さんに行って適当なのを買うしかないのか? え~っ、でもこの2人には良い赤ワインをプレゼントしたかったのに と諦めきれずに走り回る私たち。

そうこうしとる間に、サンタクルスという旧ユダヤ人街の地区に迷い込んで、偶然にも彼の両親を招待する予定やった Aire de Sevilla に行き着いてしまった。ついでやし、招待券を買っておこうか、なんて中に入って見学しながら、アラブ浴場のチケットを購入^^ すっごく慌ててるのに、何してるんだか。笑

当てもなく彷徨うのにも疲れ、もう仕方ないからコンビニに行こうって話になって、歩き始めた私たちの目の前に 「ん?」 なんか不思議な雰囲気のお店が顔を現した。中には誰もおらん様やけど、扉が開いとって中からチーズのにおいがしてくる。思わず店内に足を踏み入れてみると、、、なんとっ、チーズとワインを扱う小さな専門店になっているではないか 信じられ~ん!

zawersantacruzpatio.jpgzawerlaalacenavino.jpg
※ 左はサンタクルス地区で見つけたパティオのひとつ、右はチーズとワインのお店 (クリックで拡大!)

バイクのヘルメットを片手に入ってきた御主人の話によると、彼のお薦めを集めたワインのお店らしい。どんなタイプのものを選べば、アリシアたちに気に入ってもらえるか好みなんかをオーナーに相談しながら、選んだのは リオハの Gran Reserva 87年物。ちょっと いや、かな~り 奮発してしまってお財布は悲鳴あげとるんやけど、でもこんな素敵なお店に出会えたこと、アリシアたちにきっと喜んでもらえるワインにめぐり合えたことがすごく嬉しくて、タタンカと2人笑顔でお店を後にした^^ 次は私たちの好きなワインを選びに来たいなぁ。


さてさて、ゆっくりしてる間はありません。家に帰ったらすぐにプレゼントの包装をし、夕方4時にやってくるアリシア一家のお迎えの準備に入る。テーブルを移動させたり、椅子をご近所さんに借りに行ったり、とにかく忙しい。家の家具の配置がほとんど変わってしまったんじゃないかな? 笑 なんせ大勢がリビングに集まるからね。

予定時間を15分回ったところで、到着したアリシア一家。お迎えに降りたついでに、アルバ&ルシアと近くにある ミラフロレス公園 へ行ってきたよ。遊具が沢山あって、楽しむ2人+題の大人が約1名・・・ はい、タタンカです。笑 小学生に滑り台を譲ってもらって大はしゃぎする29歳、いかがなものか。

zawernavidadparque.jpg



* クリスマス本番 ~後編~ * の続きを読む
2006/12/29 (金) 08:39 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(20)
クリスマス本番 ~前編~
23日の土曜日からクリスマス3連休のスペイン。毎日朝から晩まで、その辺ほっつき歩いて忙しい週末を過ごしたよ。まずは、1枚目の写真をご覧くださいな。

zawerjoseangel.jpg


ゴォーーーーーーーール!!

23日は、前々から予約してあった近所のコートに13時集合で、サッカー大会。普段は忙しいみんなも、サッカーとなれば駆けつける!! 合計で30人以上が集まって、2チームに分かれて試合をしとったよ。

zawerbeato.jpgzawertatanka.jpg


運動不足が祟って、バテバテのみんな。笑 ゴールキーパーは7分交代、それ以外も休憩に入る番まで決めて、スペインにしては珍しく きちんと計画が立てられて進む試合。左の写真は、途中休憩で着替えをするベアト氏@ちょっぴりギャランドゥ、右は5分走っただけでヘトヘトのタタンカやよ。笑 結局最初の20分で早くもリタイアして、今日もまだ全身筋肉痛に雄叫びをあげとる・・・ お気の毒。

お昼ごはんは各自自宅で済ませ、夜に備えてシエスタ^^ 今日はここからが本番やからね。



* クリスマス本番 ~前編~ * の続きを読む
2006/12/27 (水) 04:34 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(7)
年末の密かな楽しみと言えば・・・
スペインにお住まいの皆さん、今日は Sorteo de Navidad クリスマス宝くじの抽選日 でしたね。

結果はいかがでしたか~?



スペインでは毎年この時期になると、日本の年末ジャンボ同様、宝くじで一盛り上がりする。昔から 「お前は運が良いから」 って、祖父が宝くじを買うのに付いて行かされて、私がよく窓口で代理購入しとったんを思い出すわ。確か1回、プチ当たりが出て、おもちゃを買ってもらった記憶が・・・ 懐かしいな

スペインのクーポンは、1枚の値段が20ユーロ=約3000円とちょっとお高いんやけど (日本で言う1セットを買うと、200ユーロになる。汗)、当たる人が多いし、金額もすごいし、ワクワクするんさな。例えば、1等の当選番号と下一桁が同じなら、クーポンの元の料金が払い戻しになるとか、1000ユーロ=約15万円の当たりくじがいっぱい出るとか、、、 ちなみに大きい当たりは、次の通り。

1等 3.000.000 €. = 約4億5000万円!!!!!
2等 1.000.000 €. = 約1億5000万円
3等 500.000 €. = 約7500万円
4等 (2本) 200.000 €. = 約3000万円
5等 (8本) 50.000 €. = 約750万円





* 年末の密かな楽しみと言えば・・・ * の続きを読む
2006/12/23 (土) 09:25 | 日常生活 | Trackback:(1) | Comments:(17)
クリスマスに因んだ出来事たち
寒波がやってきて、日に日に冷え込みがきつくなってきている南スペインからお送りしています。

セビージャに戻ってきてみえる オリーブさん にお誘い頂いて、昨日グアダルキビル川のほうまでお散歩に行ってきたよ。夕暮れ時に待ち合わせしたから、川沿いを歩く頃にはもう暗くなってきたんやけど、おかげでライトアップされたこのイサベル2世橋 (通称: トリアナ橋) に出会うことが出来て嬉しかった。やっぱりいつ見ても綺麗

zawerpuentetriana.jpg


優しくて冷静で、スペイン滞在歴も長いことから、いつも気長に私の相談に乗ってくれるオリーブさん。今はアルメリア在住やから、たまにしかお会いできやんのが残念やけど、気付かんうちに町を囲む大通りをほとんど一周してしまっとったくらい (運動不足が祟ってお尻と太ももが筋肉痛になったのが情けないけど。笑)、ほんとに楽しいひと時やったよ。オリーブさん、ありがとう!!

さて、先日記事にした クリスマス・プレゼント探し で、未だ大忙しのタタンカと私。彼の仕事の合間を縫って、ほとんど毎日2人でセントロに繰り出しとるにも関わらず、まだ揃わん感じ。。。 渡すのが1月6日やから、時間の余裕はまだあるんやけど、クリスマス休暇に入ってしまうと、どこも前に進めやんほど混雑するし、今のうちに準備してしまいたいのが本音なんさな。ちなみに途中経過はこんな感じ^^

 既に購入+包装済み
マドリッドのアルバ&ルシア: バービーちゃんのお化粧セット
タタンカの双子の相方パトリシア: 寿司キット
・ 弟① アントニオ: 大好きな作家 Eduardo Punset の新作 El alma está en el cerebro
・ 弟② ダニエル: サッカーチーム Real Beits の熱狂的なファンなので、ベティスの公式ショップの腕時計
・ ロハの友達フランシスコ: グラナダ周辺地図
・ お世話になったご近所さん5名: Yves Rocher のギフトセット


 これから購入
・ タタンカの両親: アラブ式の浴場 Aire de Sevilla のマッサージ付き入場券
・ うちの家族: 母には洋服、祖父母にはセビージャのお土産物
・ 入院中の叔父フランシスコと叔母: すんご~く手触りの良いルーム靴下とブランケット
・ アルバとルシアの両親: 赤ワイン… Rioja 2001年物を中心に探索中。
従兄弟の Currito: 絵本… 字が読めなくても楽しめるような作品を見つけたい
・ タタンカ: 未定 ヤバイっ。

っとまぁ、こんな感じで最後3つの贈り物選びに手こずっとるかな。やっぱり相手に気に入ってもらうってのはもちろん大前提なんやけど、自分も納得出来るものにしたいから、妥協せず品定めしていこうと思う


さてと。今日の追記は、上に挙げたプレゼントのうちパトリに送る寿司セットについて書くよ。ちょっとツッコミも入れたかったもんでさ^^; それから、ドイツのクリスマスのお菓子についても触れるつもり。では、行ってみよ~ぅ。



* クリスマスに因んだ出来事たち * の続きを読む
2006/12/22 (金) 06:31 | セビージャ | Trackback:(0) | Comments:(21)
お散歩に出かけよう
今の仕事を始めて5ヶ月が経過したタタンカ、プログラムの扱いや応対にもだいぶ慣れてきたみたい。最初の頃のように瀕死の状態で帰ってくることが無くなったのは、私としても心配の種がひとつ減った感じで嬉しいわ^^ やっぱり仕事の往復だけでヘトヘトな姿を見とるのはツライもんな。

そう、その職場で先月の中ごろ、みんなの知らんうちに 1週間の冬休み をいつ貰えるか決めるくじ引きがあったらしいんやけど、運よく最終週に当たったタタンカ! おかげで今月末は23日から9連休になるうえ、2006年の有給をその前に消化することが認められてさ、今週は有難く5連休やったんよ♪ 今年は7月まで去年のコース通い+研修、その後間もなく今の会社に入ったもんやから、夏休みも返上で頑張ってきた疲れもあったと思うんやけど、これで元気に新年迎えれると良いなぁ。

さて、今回の5連休は急に決まったし、2人の記念日もあったからのんびり過ごしたくて、特に遠出したわけでもなかったんやけど、映画を観たりお散歩に出かけたりで、結構楽しいものになったよ。

というわけで、今日は私たちが大好きな広場をこっそり(?)紹介しちゃおうと思いまーす

zawerelcabildo.jpgzawerelcabildo2.jpg
Plaza del Cabildo (※ クリックで拡大するよ。) 



* お散歩に出かけよう * の続きを読む
2006/12/17 (日) 04:59 | セビージャ | Trackback:(0) | Comments:(19)
いつもありがとう、これからも宜しく^^
夜冷え込むようになったとは言え、まだ日中18度ある南スペインから、お送りしています

実は昨日、タタンカと私のお付き合い2周年やったん。実際のところ2年半以上経っとるんやけどね・・・ うちら知り合った日も確かじゃないし、付き合い始めたっていう区切りの日も無いもんやから、それまで記念日というものが1つも無くってなんとなく淋しかったんさな。そう思って、記念日をつくろうって話になったのが、ちょうど2004年の12月10日やったんよ。ちょっとややこしいんやけど、要するに 記念日を作った日 が私たちの特別な日。笑

そして去年の12月10日は、私が日本への一時帰国を終えて、ビザを手にスペインに舞い降りた日でもあるん。そんなわけで、私たちにとってダブルでおめでたい日やから、これはお祝いするしかないな! ってことになって、ちょうど仕事がお休みやったタタンカと2人、1日中お散歩して夜はちょっと奮発してレストラン (maerillaさん にお薦めしていただいたところ) でディナーしてきたよん♪

当時はこうして一緒に記念日をお祝い出来る日が来るなんて思ってもなかったなぁ、と2人でしみじみと2年前を思い出して、「うちらも遠回りしてきたけど、何だかんだ言って少しずつ成長してきたよな。これからも前向きに頑張ろう!」 なんて変な気合を入れてしまったさ。笑 でも本当、いつも私を支えてくれる優しいタタンカへの感謝の気持ちと、これからも仲良く歩んでいきたいっていうお互いの思いを再確認できた素敵な一日になったよ^^

ramito.jpg
遠距離を乗り越えて私が渡西したときに、贈ってくれた花束。
いつの間にか自然とドライフラワーになった今も大事にしまってある

 

さて、話は変わるんやけど、最近映画を1本見てから眠りにつく、そんな風にして の夜長を過ごしとる私たち。日本・スペイン映画だけに限らず、懐かしい作品から最近のものまで幅広く観とるよん。というわけで、今日は追記でお気に入りの映画と、NEW ドラヤキ について書こうと思うよ



* いつもありがとう、これからも宜しく^^ * の続きを読む
2006/12/12 (火) 00:52 | 日常生活 | Trackback:(0) | Comments:(27)
師走の風に乗せられて
今日はまず報告から。
前回の記事で書いた、電話会社との戦い・・・ 昨日入金されているのを確認したよ! うわっほ~い
もちろん約束通り238ユーロ全額返金。お金もそうやけど、自分たちの訴えが認められて嬉しかったわ。



さて、12月に入ってなんだか私の周りは少しずつ慌ただしくなってきとる。スペインはクリスマス (厳密に言うと、1月6日Los Reyes Magos の日) に盛大なプレゼント交換をするから、この時期はどこのお店もそれを狙った販売合戦が繰り広げられる。子供達へのプレゼントはともかく、ブランド品をカップル間で贈りあう日本とは違って、むしろ家族みんなで渡し合って楽しむって感じやから、その分プレゼントの種類も幅広いの。それぞれの年代に合わせた特別クリスマスセットみたいなのが売り出されて、見て回るのも面白いんさな。

お店で販売員の仕事をしとる友達は、とにかく人手が必要やからって休み返上で働いたり、旅行会社に勤務する子も、クリスマス休暇を利用して年越しの旅行をする人、里帰りする人の飛行機チケットの確保に忙しいって言うとった。

彼ママもクリスマスの為の家の飾りや、特別な食料の入手に精を出しとる様子。近所の主婦仲間と一緒に、どこどこのお店の商品はあーだこーだって、いつも以上にアンテナを張り巡らせて情報収集しとるよ^^ あと、宝くじの共同購入にも積極的やなぁ。友達と一緒にまとめ買いしたりして、当選したら皆で山分けするんやって! 去年はちなみに、同じマンションの人たちと買ったやつが一人頭15万円相当の当たりを出したらしくて、すごい盛り上がりを見せとったよ~。今年も見事当選して、ワイワイ楽しいクリスマスになると良いな。

そうやって周りが準備を進める中、私もクリスマスに向けて動き出したよん



* 師走の風に乗せられて * の続きを読む
2006/12/08 (金) 07:55 | 日常生活 | Trackback:(0) | Comments:(24)
電話会社の不当な請求
スペインの電話・通信会社の悪名、噂には聞いとったけど・・・
まさか自分の身にこんな事態が生じるとは!!!

それは 9月下旬にプリペイドから契約に切り変えた携帯 から始まった。9月は普通に終わり、10月6日に9月分の請求書が届いて、数日後7ユーロが私の口座から引き落とされた。電話の発信先と通話時間もチェックして、問題なし。

10月10日、朝起きてシグナルが点滅している携帯を見ると、ん? 「ショートメッセージを受信しています」 との表示が! 何かなと思って見てみたら・・・

カスタマーセンターよりお知らせです。
「お客様の今月のウェブ使用料が、160ユーロ (=2万5千円弱) を越えました」


は?! 携帯でネットなんて一度もしてないしっ
家で無線 LAN が24時間使用可能の私は、そもそも携帯のウェブ機能を使う必要なんて無い。音楽についてもタタンカが作曲してくれた着信音があるから、着メロのダウンロードなんてせんし、どう考えてもおかしい。

そんなわけで、お客様コールセンター 123 へすぐさま電話することにした。オペレーターの人に、このショートメッセージについて質問すると、「あ、それ機械のミスで勝手に送られてしまったんですよ。実際の使用料には反映されないので、気にしないでください」 だってさ。

なーんだ、プログラムのミスね。ビックリしたな~、もう^^;
でもまぁスペインならありうるか! なんて納得して、彼と2人安堵の胸を撫で下ろしたのであった。




* 電話会社の不当な請求 * の続きを読む
2006/12/04 (月) 07:50 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(19)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。