chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
足がもっと長ければ・・・
前回の記事を書いた翌日21日の水曜日、友達がセビージャに来ることになっとったもんで、鉄道の駅 Santa Justa まで迎えに行ったん。友達の電車の到着時刻11時半に合わせて、少し早い目に家を出る・・・ すると先に準備を済ませて私を待つ間テレビを見とったタタンカが、リビングから驚きの声をあげるとのが聞こえた。

AVE- Alta Velocidad Española マドリッド~セビージャ間が終日運行ストップ

マドリッド~セビージャ間の移動には、この AVE と呼ばれる92年のセビージャ万博の開催に際して作られた、約540キロの距離を2時間半弱で走る新幹線、もしくは AVE に比べて約3倍の時間が掛かる代わりに (確か) 半額以下の料金で乗ることが出来る高速バスの2手がある。

zawerDSCF6149.jpg

今回 Ministerio de Fomento 公共工事を行うスペインの省が建設工事中やった橋が、ちょうど AVE の鉄道の上に落下して、そのせいで列車の通行が不能になったらしい。おかげでサンタフスタ駅に私たちが着いたときは、今日出発の AVE に乗れなくなってしまった人たちが、チケット売り場の前でうろたえとったよ・・・。


zawerDSCF6147.jpgzawerDSCF6148.jpgzawerDSCF6150.jpg
※ クリックで拡大します。

一番左の写真の人は米国人で、今回ビジネスクラスを2席予約していたにも関わらず乗れやんだそう。「スペイン語も分からないし、祖国に連絡をしようとも電話の使い勝手が分からず困っている。電車が動かないのは仕方ないが、長い列に並んで対応を求めているのに何の答えももらえないなんて、ちょっと酷い。サービス面で納得がいかない。」 って、テレビや取材陣に向かって訴えとった。(← 個人的には、この人の話の内容よりも英語が理解できたことに一番ビックリ 訳が合っとるかどうかは別にして。笑)

真ん中の写真で背広着とる男性が、RENFE (スペイン国鉄) の責任者。人だかりを掻き分けて登場し、AVE の運行停止によって迷惑を被ったお客さんの話を聞く、今回の事故について弁明する、などしとった。こういう風に会社にとって不都合な出来事があったときって、大抵お偉いさんはすごすご引き下がって待機&クレームやカスタマーの意見を直接受けるのはテレフォンオペレーターの仕事と指示することが多いと思う。そんな中、こうやって堂々とお客さんの前に出てきて、自ら対応に挑む姿勢は潔いなぁと思った^^

最後の写真は、インタビューをして生の声を集める記者たち。どういう対応をとって欲しいか、沢山の意見をメモしとった。今回の事故、先に書いた Fomento の工事と Renfe の間に起こったもので、どちらも国の機関やから最終的にはスペインの国家がお金を出すことになるんやけど、どちら側の原因&負担かハッキリ分からんから、っていう理由で、代行の無料バスを走らせるかどうか、代わりの飛行機を探すか、対応がなかなか決まらんかったらしいのな。一般人にとってはどっちでも一緒やのに・・・

EL PAIS 紙の記事 によると、この事故の影響を受けた人は17000人にも上るらしい。それだけ利用客が多いってことやんな。友達が AVE の車内アテンダントとして働いとったことがあるんやけど、日本人のお客さんも集団で沢山見かけるって聞いたから、きっとツアーとかで利用したりするんやろなぁ。もし翌日の飛行機で帰国予定やったグループがあって、飛行機に乗り遅れる粗相にでもなったとしたら、誰が対処するんやろな・・・。ちなみに同紙によると、21日に旅行する予定でチケットを購入しとった人には全額を返金、翌日22日は朝6時の始発から、正常通り運行されたみたい。スペインにしては迅速な対応?爆

話を戻します・・・。そんなわけで普通電車で来た友達も、AVE のアクシデントの影響を被ったらしく、30分遅れての到着。本当は午前中に済ませる予定があったんやけど、間に合いそうにないので後回しにし、近くのカフェでのんびりコーヒー休憩したら、そのまま徒歩でセントロへ・・・。そう、ちょっと早いけど、先に腹ごしらえすることにしたん^^



* 足がもっと長ければ・・・ * の続きを読む
スポンサーサイト
2007/02/25 (日) 09:10 | 日常生活 | Trackback:(0) | Comments:(20)
私の頭とアパート、改良中。
昨日の日中は日差しが強くて、長時間直射日光の当たる場所に居れんくらい暖かかった (暑かった?) のに、今日は打って変わって肌寒い朝を迎えた南スペイン・・・ この温度差のせいで、朝からクシャミ&鼻水が止まらん私です。これが風邪になってしまわんように、しっかり体調管理せな!

最近ブログの更新頻度が落ちてきてウズウズしとるんやけど、それ以上に忙しくてさ。まず1番の要因は、とある Curso (講習会) に通い始めて、午後の自由時間がほとんど消滅してしまったこと。おかげで慌ただしく一日が過ぎていく・・・。今まで勉強したり、掃除したり、雑用したりしとった時間がマルッと無くなってしまったのはちょっと痛いところなんやけど、それと引き換えに新しく同じ方面に興味を持つ仲間が出来たのは嬉しいし、彼らと協力し合ってやる気満々で授業に取り組むのが楽しい毎日やわ。

そうそう、この講習会、Junta de Andalucía って言って、私の住むアンダルシア州の自治政府が資金ぐりして開催しとるもので、授業を受けるのも 無料 やし、最後には終了証が貰えて履歴書にもしっかり書くことが出来る優れたシステムなん。それ以外にも、CEA (Confederación de Empresarios de Andalucía) っていうアンダルシア州の経営者たちが集まって良質な労働者の育成に従事しとる団体があったり、Instituto de FP - Formación Profesional 職業訓練学校 のなど、無料で受けられる講習会って探せばかなりある (※ 長期の curso は無職の人を対象のものが多い)。就活中の人はもちろん、既に就職しとる人も仕事や待遇の向上を求めて参加したがるから、特にこういった無料のものは人気がある。

だいぶ遠回りしてしまったんやけど、私が行っとる講習会もこういった類のもので、教鞭をとるのが実際その世界で活躍しとる人たちやから、学ぶ内容も実用的ですごく役に立つんさな。今やっとる勉強が楽しくて、いつか手が空いたらその分野を改めて大学で専攻しようかと思うくらい・・・。爆 私、すぐ影響されるタイプな上に、熱しやすく冷めやすい人間やから、どこまで意欲が続くか分からんけどさ^^; ふふ

さて。話が思いっきり変わるんやけど、現在リフォーム真っ只中の私たちのアパート。以前紹介した窓工事 に続いて、今度はバスルームの改造計画が進んどるん。詳しくは追記で行きま~す!



* 私の頭とアパート、改良中。 * の続きを読む
2007/02/20 (火) 08:39 | 日常生活 | Trackback:(0) | Comments:(26)
2月13日と14日
みなさん、こんにちは~
前回の記事に沢山のお祝いメッセージを頂き、ありがとうございました!
早速彼と2人で手続きに動いてます。

さて、今日はバレンタインデー。みなさん、どんな1日を過ごされたのでしょうか。
さっきお友達 エミリアさんのブログ にお邪魔したら、初めてチョコを渡したバレンタインのエピソードを書いてみえて、私も中1のときの自分を思い出してしまったよ^^ 下見もして、付き添いの友達に一緒に来てもらって、当時好きやった S くんの家まで行くと、彼はシャワー中で、代わりに出てきてくれたお母様にプレゼントを押し付けてダッシュで帰ってきたんやった。笑 淡い&ほろ苦い思い出

スペインで2月14日は día de los enamorados 恋人たちの日 って呼ばれとって、男性が女性に贈り物をするのが一般的な習慣やと思う。お店に行くと、置物からキッチン用具までプレゼントの幅も広くて、特にチョコとか甘いものを渡すっていうイメージは無いように感じる。タタンカ・・・ 今日やって知っとるかな?

↑ 冗談で書いたんやけど、、、なんと仕事帰りの彼の手ににはこんな素敵な箱がっ

DSCF6103.jpg
チョコレート狂の私にはピンポイント
野生児やとばっかり思っとったけど、成長した?笑


そして今日はもう一つ報告。
昨日、スペインでは忌み嫌われとる 13日の火曜日 に、タタンカと私にとって重大な出来事があったん。




* 2月13日と14日 * の続きを読む
2007/02/14 (水) 23:31 | スペイン | Trackback:(0) | Comments:(21)
幸せいっぱい
タタンカが先週末から体調を崩し、高熱と胃のムカムカにやられていたので、看病の為しばらくネット世界から遠ざかった生活をしてました^^; 実際のところママが何もかもしてくれとったから、私はタタンカの隣に座って、今まで気になっとった本をひたすら読み続けとっただけなんやけど。爆 ・・・ いやぁ、アナログ生活を最大限に楽しませてもらったな~

それにタタンカ本人も昨日辺りから元気が戻ってきて、明日には病院で “仕事復帰OK” の診断書をもらうつもりでおるし、ホッと一安心やわ。さて、落ち着いたところで突然ですが、今日は皆さんにひとつ報告を・・・。



* 幸せいっぱい * の続きを読む
2007/02/08 (木) 07:50 | 彼: タタンカ | Trackback:(0) | Comments:(61)
猫舌のお菓子
先日セビージャ近郊の町 Utrera に遊びにいったタタンカ両親が、私たちのお土産にと Lengua de Nata (直訳: 生クリームの舌) なるものを買ってきてくれた。大きくて細長い箱なんやけど、思ったほど重みがなくて不思議な感じ・・・ 気になった私たちは、早速開けてみることにした。

zawerlenguadenata1.jpgzawerlenguadenata2.jpg

すると中には、こ~んな感じで長いお菓子がっ!!! 夜の11時にも関わらず、小腹がすいてきたなぁという雰囲気で部屋中いっぱいになり (← いけない習慣。汗)、どこからともなく登場してきたナイフでサクサク切り分けていく。口に入れてみると・・・ 思ったより甘く無くて美味しい。しかも周りの部分がパンのような食感なのかと思いきや、フワフワのスポンジのような柔らかさで、つい 「もうひと口」 と手が伸びてしまう。ちょうど居合わせた6人で、ペロリと完食してしまったのであった( ̄□ ̄;)!!

そういえば Lengua de Gato = 猫の舌 っていうお菓子もある。薄くてポロポロ・サクサクした感じのクッキーで、日本にあるラングドシャみたいなの。たった今なんとなく Wikipedia でラングドシャについて調べてみようという気になって検索を入れてみたら、なんと!! ラングドシャってフランス語で、猫の舌ということが発覚したよ~。なんやぁ、スペイン語の Lengua de Gato ってフランス語からそのまま直訳しただけやん

そう、話が脱線してしまったんやけど、私がこの 猫の舌クッキー の存在を知ったキッカケがちょっと面白いの。
ドイツに居た頃のある日、紅茶を飲んで舌を焼けどした私。もうお分かりでしょうか。友達に 「私すごい猫舌の持ち主なんよ~」 と言ったら、友達に 「え???」 という顔をされてしまったん。ドイツでは 猫の舌 Katzenzunge ってラングドシャじゃなくてチョコレートのお菓子なんやけど、まさか 『熱いものが食べれないこと=猫舌』 やと思わんだ友達は、私が Katzenzunge というチョコレートの話をいきなりし出すもんやでビックリしたらしくてさ。お互いに説明しあって、「あぁ~」 という納得の声と共に大爆笑になったん。

その話をスペイン人の友達にしたところ、「スペインにも同名のお菓子があるよ」 と言われて・・・ 「あら、こちらにも猫舌さんが!」 とまた新発見 指すものは違うけど、「猫の舌」 が別の意味を持つってのは世界共通か^^;


さてさて、今日の追記では最近お出かけのついでに久しぶりに寄り道したところを紹介します。
前半に続きまして、お腹がグゥーッと鳴らないようにご注意ください。笑



* 猫舌のお菓子 * の続きを読む
2007/02/02 (金) 03:07 | 食・呑・楽 | Trackback:(0) | Comments:(29)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。