chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
初めての返品
今日初めてドイツで返品した。今まで服買って多少気に入らんでも、まぁ安かったし良いか程度で終わっとったんやけど、今回は違った。先週の金曜にZARAで買ったベージュのコーデュロイのパンツ。バーゲンで15ユーロ(2000円弱)やったんやけど実はサイズが大きかった。でも私のサイズがもう無くて「安いし仕方ない、これを買おう」ってことで閉店間際にあんまり考えずに購入してしまったん。家に帰って(実は2,3回履いたんやけど)やっぱりいまいち気にくわんだん。股上深めやしなぁ

昨日また入り口にZARAがあるデパートの前を通り過ぎたとき、彼とちょっと寄り道することになって・・・ なんと、ベージュの別の形の良い感じのパンツを発見してしまった~!!試着してみたけど、股上浅めでサイズもぴったりやしどう考えてもこっちの方が良い。家に帰ってきて悩んだ挙句、やっぱり同じ色2本もいらんし交換してもらうことに決めた


2,3回履いたとはいえ、見た感じは新品同様(←そういう問題ではない)値札のラベルも運よく残っとるし、レシートだってちゃんとある。きっと交換してくれるさ!!と自分で気合を入れて今日ZARAに行った。そして昨日のベージュのパンツをもう一度試着してみる。やっぱり良い感じや~

ドキドキしながらレジに並んだ。私の番になって「すいません。これ返品したいんですけど」とだけ言うと金髪のオバサン(?)が「Denisさん、レジまで来てください」って別の人をマイクで呼んどる。ユニクロみたいに店長が現れるんかなぁと思ったら、めっちゃ若いお兄ちゃんが登場して、パーッと適当にパンツを眺めた後「良いんじゃない?」って頷いた。

やったー!!!!!と心の中で万歳三唱
ところが、それも束の間金髪のオバサンがパンツの中をチラッと覗いて一言。「あら、選択の表示ラベルが無いわね」

しまったあああああああああああああああああ
私はあの内側に付いとるビラビラが大嫌いで、買ったらすぐに切り取ってしまう人なん!!すっかり忘れとった~。スペイン語で「嘘つきを捕まえるのは、片足が無い人を捕まえるより簡単だ(→嘘をついてもすぐに分かる)」って言うらしいんやけど、まさにその通り。嘘なんて隠し切れるものではないのだ。

どうすれば良いか分からずに居たら、お兄さんが「このパンツ買ったときのクレジットカード持ってる?」って聞いてきて、「うん」って言ったら返品処理してくれた。お兄さん、あなたはドイツ人ではありませんね・・・嬉しい反面、なんか自分がすごーく悪いことをした気になった。反省。

そして、態度が大きいんやけど、改めてもうひとつのベージュのパンツを買おうとしたら金髪のオバサンにめちゃくちゃ嫌な顔された。いやぁ、そこまで感情を表にあらわさんでもええやん。だって私、お母さんの服をそこのZARAで既に10着くらい買っとんのやで~!!言ってみればお得意様やんおばちゃんも私の顔もう覚えとるやろうにぃ・・・・・と思った私も相当ずうずうしいよな。

帰り道、大雨のなか、返品できた満足感と、自分は悪人やっていう自己嫌悪に挟まれて微妙な気持ちになった
2005/02/01 (火) 22:38 | ドイツ | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。