chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
que les gusta el “Pfand” a los alemanes!!
ドイツでは“Pfand”って言って、ビールやペットボトルを買うと、飲み物の料金に上乗せして、その入れ物の料金を払わなあかん。これはリサイクルを徹底させるための方策のひとつなんやけど、飲み終わった後にその入れ物を返却に行くと、上乗せで払った分が返金されてくる仕組みになっとるんさ

スーパーによって違うんやけど、だいたい写真みたいな機械が店ごとに設置されとって、真ん中の縦長の黒いところに空になった容器を置くと、横の部分からレシートが出てきて、それをレジに持って行くとお金を返してくれるって場所が多いと思う。後は、機械じゃなくて実際に人間が居て計算してくれるとか。笑

V8010065-1.jpg


後でちゃんと戻ってくるんやから良いやん!って思うんやけど、これが結構厄介なんさな。最初から買い物に行くためだけに家を出るなら良いけど、例えば、どっか行くついでに買い物に寄りたいとき、前回買ったビール瓶を持ったまま歩くのは嫌やし、だからって先に買い物に行ったら、買った品物をずっと持ち歩かなあかん・・・悪循環 どちみち出かけるときに容器のこと覚えてることって滅多になくて(笑)、結局毎回忘れて家に置き去りにしてしまうから、どんどん空の容器がたまっていくんさ。しかも、ちょっと前にまたPfandが値上がりしてさぁ。ビール瓶の8セント~(約10円~)ってのはまだ良いとして、ペットボトルなんて25セント(約30円)やで諦めて捨てるわけにもいかんっちゅーの。うまいことリサイクルせなあかんようになっとるわ。

今ざっと数えてみたら空のペットボトルが14本、ビール瓶が19本もあった!今日こそ忘れずに換金してこよう。
2005/01/27 (木) 22:49 | ドイツ | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。