chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
Dresden
彼のアパートの部屋には、ベッドも机もタンスも棚も全部2個ずつある。今朝彼が管理人に聞いたところによると、昔は1部屋を2人で共同で使ってたんやけど、今は1人1部屋になってて、家具をわざわざ1部屋ずつ抜くのが面倒やからそのまま2つずつ置いてあるらしい。うちらは今のところちょうど2人で住んでるから良いけど、私が日本に戻ったら彼はひとりで意味不明にも家具2つずつ持つことになる。ま、いっか。

朝食を済ませたら、さっそく大学の学生登録に行く。Dresden大学は技術系(って言うの?工学とか電気化学とかが主になってること)の大学らしい。学生課はMommsenstrasseっていう通りの一番最後にある。どうやら午後の3時まで順番またなあかんらしい。おわっとるやん!仕方ないで、その辺ぶらぶら散歩しながら時間つぶして、家でご飯食べてからまた大学に行くことにした。大学に着いたら番号札みたいなの渡されて、結局5時まで待たされるはめになった。ぶ~~~(>_<)

やっと学生課の人と話して学生登録できると思ったら、今学期は難しいわね、みたいなこと言われた。キレるわ、まじで。唯一の可能性は、Zusatzstudiumって言って、いったん卒業した人がちょっと延長して勉強するコースらしい。なんか色々書類がいる上に、手続きも面倒くさそうや。彼はスペインの大学でもらった卒業関係の書類も何も持ってない。彼がもらう奨学金の契約内容ではすんなり大学に入れることになってるから、本来なら今日大学に行ったその足で学生登録できるはずなんやけど、あんまり知られて無い奨学金やし、頭の固いドイツ人は何度説明しても通用しやん。去年なんて奨学金をくれる協会から送られてきた契約書見せても駄目やったらしいからビビるわ。というわけで何の収穫も無く帰ってきた。
2004/09/30 (木) 00:11 | 日常生活 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。