chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
ぽかーんとしてます。
万博が終わってすぐ翌日に荷物を片付けて、私の部屋にはもう家具が一つも残ってない。そう、新しい生活に向けてお引越し。切ない気持ちでいっぱいになりながら、半年間お世話になった部屋ともお別れする時がきた。

アテンダント友達の G がみんなの写真を集めて CD を作ってくれたんやけど、昨日荷造りの後で見てみたら、また涙がいっぱい出てきた。私って、こんなに涙もろかったっけ??

なんかね、私ほぼ週6でシフトに入ってて毎日が万博やったから、「本当なら今日は早番で出勤やのにな。あんなに仕事に行くのに億劫になってた日が嘘みたい。今日は『欠勤』の連絡もなく家におる」って思ったら、余計に寂しい気持ちになって、万博が終わったって実感が少し沸いてきた。

思い返すと、万博ってお祭り騒ぎなんやけど、例えるならば私にとっては 『雲』 みたいやった。最初は小さくて、どんどん大きく膨らんで行く雲に掴まっとるのに必死でさ。雲に慣れて中に入ってしまうと雨風や雷がすごく激しくて、先が見えない薄暗い中でもがいて・・・でもそれを抜け出して上に登ると、晴天の下で白くてフワフワの雲が私を柔らかく包んでくれる。それで、居心地の良い雲の上に居たら万博期間が終わって、雲は今まで何もなかったみたいに消えてなくなってしまうん。私が雲の上にやっと登れたのは、7月のスペインウィークが終わって、8月にアンダルシアウィークが始まったときかな。。。それから1ヵ月半はアッという間やったもん。

私の人生でかけがえのない夢のような時間やったなぁ。
次またみんなに会える日が、もう待ち遠しくてたまらんよ。
2005/09/27 (火) 19:41 | 愛・地球博 2005 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。