chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
COLEGIO
彼の働く高校に挨拶に行く。私はどう考えても部外者やし、あんま行く気なかったんやけど、彼がしつこく「来たくなかったら無理せんで良いよ。でも一緒に来るやんな??」って言ってくるから、仕方なく早起きして付いていくことにした。きっと1人で行くのが心細いんやろう。
Dresdenの中央駅で、この前の実習生とは違うもうひとりの実習生の女の子と待ち合わせして電車で隣町の高校に向かう。駅からも少し歩く。自然に包まれてて、ドイツらしい家が立ち並ぶ町。住むには何もなくてちょっと退屈やけど、小川も流れてるしかなり良い感じ!!彼も気に入ったみたい(^_^)

ドイツの高校は、中学校も一緒になっとって、だいたい11~18歳の生徒が通う。彼の行く学校は3つの校舎からなる大きい学校で、生徒数が1500人くらいらしい(゜o゜;)他の小さい町の学校をいくつか吸収合併して大きくなりすぎたんやってさ!だから先生の数も130人と半端じゃない。まずスペイン語科の先生5人をずらーっと紹介された。あと他に、休憩で教官室に居合わせた先生たちも紹介された。というか私は常に、「新しくスペイン語の講師としてきた彼のガールフレンドです」って紹介される。かなり居心地悪いねんけどね(笑)だって紹介された側にとっては「あ、そう。っていうか、なに仕事場まで付いて来とんのさ!」って感じやん!?そんなこんなで、最終的には校長先生まで紹介されて終了した。

午後、学校から帰ってきて昼ごはん食べてちょっと休んでから、散歩しつつ町の中心を流れるElbe川を渡った。晴れた日のエルベ川はめっちゃ綺麗!!川を渡ったところで彼はビールを飲んで私はアイスを食べて休憩した。今日はかなり疲れたわ。
2004/10/01 (金) 00:33 | 彼: タタンカ | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。