chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
Jueves Santo y La Madrugda
昨日木曜日 Jueves Santo は、日曜日の Domigo de Ramos に続いて大事な日。多くの人が正装して外に出とって、女の人の中には Mantilla という伝統的な髪飾りのようなものを着けとる人もおる。そして金曜にかけての夜中は、La Madrugada って言って、名高い山車の沢山出る時間の区切りがある。ちなみにこの辺りでは "La Madrugá" って風に発音するよ!

mantilla.jpg

家を出たところで例の Mantilla を着けとる女性が3人集まっとったから、ちょっと失礼して記念に写真を1枚撮らせてもらった。「あなたたちが Mantilla を着けてる女性の中で一番綺麗だから・・・」 というお世辞の(?)一言も忘れません。笑


さてさて、今日は Los Caballos の山車に出とる私の友達を2人紹介したいと思う^^

loscaballosenri.jpg

まずこちらが Enrique (英語で言うヘンリー)。タタンカの実家の向かい側に住んどるご近所さんでもある。今年の夏に10年近く付きあっとる彼女と見事ゴールインを果たす予定 おめでとう!


loscaballosalfonso.jpg

続きまして、彼と同じ地区出身の幼馴染の一人 Alfonso。私の文通友達の Marta の叔父でもあって、セビージャに行くとよく一緒にご飯食べるんさ めっちゃ優しくて、お兄ちゃんみたいな存在なんやけど、写真を撮りそこねかけた私のために、こっそり振り返ってくれた。笑


ビデオ①
彼ら2人が付いとった山車がこれ。本当はこの行列、La Exaltación って言うんやけど、後ろに乗っとる馬 "Caballo" が特徴の山車やもんで "Los Caballos" という名前で知られとるんよ。セビージャのセマナサンタで一番重い山車で、前まで4つの馬が乗っとったんやってさ(今は2頭になっとる)。


loscaballosvirgen.jpg

イエス様の山車を見た後、次の場所に移動しようとしたら、途中で友達に遭遇たもんで、少し立ち話しながらついでにマリア様の山車も見た。目の前で良いタイミングでストップしてくれたから、ブレずに写真を撮ることに成功!!わーい。白と黒で統一されて、綺麗やね~。


ここからは、La Madrugada のリポートに入るよ


Los Caballos を見た後、今日の一番の目的 El Silencio を見るために、El Silencio の山車が出発する教会へと早足で向かう。夜中1時すぎ出発で、2時間前の23時に着いたら、もう結構人が集まってきとった。教会の扉から3メートルくらいの位置の最前列をゲットして場所取りに入る。

この El Silencio は、英語と似とるけど 「静寂」 っていう意味の山車なん。教会の扉が開くと同時に、フワッと街頭が消されて、本当に周りに静寂が広がる。


elsilencionazareno.jpg

El Silencio の一番の主役は、実は山車自体ではなく、この Nazareno たちと彼らの生み出すその雰囲気。手に持つロウソク "Cirio" の灯りだけが辺りを照らす。


ビデオ②
めちゃくちゃ厳粛+真剣な行列で、真っ黒闇の中を、真っ黒な服で、前だけを見つけて、歩いていく姿は、見とる人たちを圧倒する・・・。列の内側の手にはロウソクを、外側の手は背中に垂れる布を引っ掛けて歩くのが決まりで、ここの Nazareno たちは手も一切動かせやんのやってさ。


ビデオ③
El Silencio のイエス様の山車の様子。暗闇で山車自体はよく見えやんのやけど、その場の雰囲気がそのまま撮れてて気に入っとんの。女の人の Saeta だけが響く中、ゆっくりと足を進めていく山車の十字架がフラッシュで何度も光って、すごい感動的やった。


elsilenciopenitentes.jpg

注目して欲しいのが、Penitente たちの十字架を背負う体勢が、他の行列で出てくる人たちと違うこと。上のビデオで写っとるように、イエス様同じ格好で十字架を背負っとんの!(例えば火曜日の記事を見てもらったら分かるけど、他の山車では十字架の向きが反対になっとる。)


elsilenciovirgen.jpg

El Silencio のマリア様の山車の天井 "palio" は銀で出来とんのやけど、装飾がめちゃくちゃ凝っとって、マリア様の山車の中では一番重いものらしい。ほんまに綺麗で見とれてしまう!!



El Silencio が通り過ぎたら、次はタタンカの弟 Dani が Nazareno として出とる Los Gitanos を観に行く。友達の集団と待ち合わせして皆でダニを待つことになった。

losgitanosdani.jpg

Dani は今年で15歳のタタンカの一番下の弟。この山車は、夜の2時に出発して、帰ってくるのが翌昼の13:45と、とてつもなく長い時間歩くもんやから、ここで栄養補給のための水のペットボトルとサンドイッチを渡す。この時点で3時間目くらいやったんやけど、年末に痛めた足首が痛むって言うとって可哀相やった。最後まで頑張って!!!


losgitanosjesus.jpg

その Dani が付いとる山車がこのイエス様。後ろにある古い建物と一緒に写る情景を見とると、何世紀か前もきっとこんなやったんやな・・・ と思わずには居れんくなる。


losgitanosvirgen.jpg

Los Gitanos の Nazareno の数は、1800とかなり多くて、待っとるのも結構キツイんさな。だんだん夜が更けて、冷えこんでくるし・・・。マリア様の山車を見た後は、みんなもう無言で次の目的地に移動。笑



昨日最後に見たのは、La Macarena の行列やった。

lamacarenanazarenosylagiralda.jpg

友達の中に、毎年このヒラルダの塔の見える位置で見学しとる子たちが居て、すごい良いポイントやよ って言われたから、私たちもそこで見ることになったん。セマナサンタで出とる全部の山車が通る大聖堂を背景に、待つこと30分。やっと最初の Nazareno が見えてきた。この行列の Nazareno は、なんと2500人!!!という訳で、山車までの道のりは長い・・・。

私は持って行った折りたたみ式の椅子に座って待っとったんやけど、あまりの長さに睡魔が襲ってきてしまって、我慢できずにウトウト 夢まで見始めたところに、イエス様の山車が登場したもんやから、もう目を開いとるのでいっぱいいっぱい。頭がボーっとし過ぎて写真を撮ることもせず、半目で山車を眺め、山車が過ぎ去ったらまたもや着席⇒体勢を整え眠りに就く 笑。


lamacarenamusicaromanos.jpg

気を取り直して・・・ マカレナの行列に付いとる楽団には、他には無い特徴があるん。それがこのローマ風の衣装 全員こんな格好でさ、後ろにあるのが大聖堂とヒラルダの塔なわけやん? 睡魔も合わさって、昔に戻ったかのような変な錯覚に陥った。


ビデオ⑤
さぁ、一番見たかったマカレナのマリア様の山車が登場したよ!このマリア様は、すごい有名で好かれとって、前を通るときにこうして観客から声が飛ぶ ("guapa" とは、美人という意味。)トリアナ地区のマリア様も同様に有名なんやけど、この2人のマリア様を巡ってセビージャの人々の中にライバル心があるらしい。爆 どっちの掛け声が勝っとるかとか・・・。サッカーにしてもそうやけど、セビージャって良く2つのパートに分かれて対立しとるよなぁ。

そして、最後の方に一瞬写る周りの様子も見て欲しい。これ、朝の6時やよ~っ。階段の上まで隙間無しに人が詰まっとって、すんごい群集じゃない? まだまだ夜が明けても、この La Madrugada は続くのだ。


本当は、そのトリアナから出る Esperanza de Triana って山車も見たかったんやけど、もう体力も限界に・・・。「来年のお楽しみ^^」 と、やむなく諦めて、なんとか家に辿り着いたときは、もう朝の7時過ぎやった。爆 ひぇ~。



疲れたけど、本当に美しくて長い長い夜やった。
2006/04/15 (土) 03:52 | セマナ・サンタ 2006/07 | Trackback:(0) | Comments:(4)

わー、懐かしいSemana Santa。
たまご探しのドイツのOsterとは大違いですよね~
この独特の雰囲気、けっこう好きです。
Semana Santaは3回見てるけど、いつも適当に見てるので雰囲気だけって感じだったけど、こうやっていろいろ山車の特長とか知ったり、知っている人が参加してるともっともっと楽しめますね。
またいつか見てみたいなぁ~
ところで、Dni君、大丈夫でした?
そんなに長時間歩くなんてびっくりです!
2006/04/15 (土) 06:15:59 | URL | ちゃーち #nRVwnW6U 編集
頭すごぃのつけてますねv-22けど・・・・重くないのかな??
それにしてもこんなに大きなお祭りはほんとすごぃですねv-237
2006/04/15 (土) 11:29:52 | URL | リーチャン #p6CkwyQg 編集

マリア様の山車とーっても素敵v-223ですね。
実物みたら涙でるほど感動しちゃうんだろうなぁ~

2006/04/15 (土) 15:34:59 | URL | suna #- 編集
v-380 ちゃーちさん
ドイツの色をつけて楽しむ Oster も楽しかった思い出がありますが
スペインのは本当に大きなお祭りで、また全然違う盛り上がりですよねi-278

タタンカを始め、友達の中にセマナサンタ大好きな子が結構居るおかげで
色んな説明を聞きながら、良い見学ポイントで山車を見ることが出来てツイてました!
みんなに大感謝しながら、この1週間しっかり楽しめたと思います。

Dani ね、あの後一度うちの彼のところに 「お兄ちゃん、もう無理。脱落するかも」 って
電話をかけてきたんですが、結局最後まで歩きとおしたそうですi-189i-189


v-380 リーチャン
山車の中に居る人は、一人当たり何十キロって重さを持ち上げてるし、
Nazareno たちは、あの格好で重いロウソクを持ってるし、
音楽隊の人たちは、楽器+大抵が変わった帽子を被ってて
それぞれ長時間にかけて、何か担ぎながら歩いてるんだよねe-2

それにしても、各山車に沢山の人が参加してて、観客も常にいっぱい居るし
このお祭りが放つ重要性を本当に強く感じるよ^^


v-380 suna さん
マリア様の山車、どこのものも代わり映えの無いように見えるけど
実は一つ一つ特徴があって、豪華かつ繊細なアートにいつも見とれてしまいますv-360

本物は、suna さんの言われてる通り、本当に迫力があって凄いです!!
毎日感動の連続です。
2006/04/15 (土) 18:53:40 | URL | chiota #- 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。