chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
Sigfrido
いま読んでる本: Harry Mulisch "Sigfrido"
もちろん趣味ではなく、課題で・・・。

「西ヨーロッパにおける第二次世界大戦」 って授業の前半の担当が、オランダ&スペインのハーフの先生やったん。本当は授業の第一回目に先生が持ってきた何冊かの本から好きなのを選んで、その作品について1人ずつ順番にプレゼンしていく、っていう流れやったんやけど、ビザの件一時帰国 してた私はそのとき参加できず。涙


そんなこんなで授業中に行うプレゼンの機会を逃してしまって(12月末で終わる授業やったし)、代わりに課題を提出する事になったんよ。こっちのがキツイ。

「クラスメイトがプレゼンした4作の中から1つ選んでレポート書いて」って先生に言われたから、とりあえず薄めで読みやすそうなのをと思って、決めたのがこれ。Harry Mulisch っていうオランダ人の作家が書いた本。もちろん私はオランダ語は分からんから、スペイン語の翻訳本で。汗 日本語には・・・ 翻訳されてるんかなぁ。

もしもヒトラーに息子が居たとしたら っていう仮定の元で作られた話なんやけど、ちょっと哲学チックな部分があって、う~ん・・・ 難しい。

とにかく今週中に読み終えやなあかんで、気合入れて頑張るぞ~
2006/01/28 (土) 22:06 | 博士の勉強 | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。