chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
Der Besuch der alten Dame.
今、Friedrich Duerrenmatt (1921-1990 スイス・ベルン郊外生まれの劇作家) が書いた "Der Besuch der alten Dame" 西語やと "la visita de la vieja dama" を読んどる

彼の作品の中で日本で一番有名なのは 『約束 Das versprechen』 かな。私は読んだことないんやけど、ミステリー作品で確か映画になってたはず・・・? (←ちょっと自信ないのが情けない

私が読んどる方の作品は、ドラマ仕立ての構成で、例えば 『ここで幕を上げる』 とか 『登場人物の○○が、青白い顔をしながらベンチを真ん中に移動させる』 とか、役者の動きの指示なんかも入っとんのよ。ほんま台本みたい。


構成は第3部までで、最後に付けたしみたいなのが付いて、合計150ページくらい。教授が、本は出来るだけ原語で読んだ方が良いって言うからドイツ語で読んどんのやけど、、、内容は簡単なんよ ただ会話がセリフ調で、主語が抜けとったりするから、ちょっと難しい。それにしても、あんなに頑張ったドイツ語かなり忘れてることに気付いて、それが一番悲しいよ~

ひょっとすると来週プレゼン当たるかもしれんから、急いで読まんとあかん!今まだ第2部に入ったばっかりなんやけど、また読み終えたら書評なんかも付けていきたいと思う
2006/02/09 (木) 22:26 | 博士の勉強 | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。