chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
必死に笑をこらえて!
1月に始まった第2時世界大戦関連の授業で、いつも苦しい思いをする。

それは、生真面目な性格の教授が真剣な眼差しで説明をするなかで、ほんま頻繁に出てくるスペイン語の単語: SUPERVIVIENTE (=生存者)

何が面白いって、ただ響きが!!! (読み方はそのままローマ字読み)
他に sobrevivir (=生き残る) って動詞から派生した sobreviviente って単語も同じ意味で使えるんやけど、なぜか superviviente ばっかり使う教授

しかも、周りの人たちはみんなスペイン人やから別に面白いとも何とも思ってないわけよ!それがツライ。いつも1人で呼吸困難になっとるもん


私さ、でもこういうの結構あるんよな。前までは、palangana (=オケ) っていう単語にやたら反応しとったし、自分の中の流行の単語っていうか、ツボの単語が常に幾つかあって、耳に入ってくるたびにクスッと笑ってしまうんよ。

あ、そういえば・・・。
ちょっと前にドイツ語で聞いて、意外やったけど妙に納得できた単語があったんやった!

PFERDSCHWANZ
Pferd (=うま)、Schwanz (=しっぽ)
何やと思う???

本を読んどる最中に 『(牧草地が広がる場所での話のあと) そこへ、女の子 with Pferdschwanz が現れて・・』 てな感じで出てきたもんやから、「え 馬の尻尾が何??」 意味分からん。なんて自分で勘違いの迷宮に入り込んでしまってさ、さすがにこんな簡単な単語やから、まさか調べようとは思わんし。

そしたら、なんと、、、英語で言うこれ。
(小さい)うま pony+ しっぽ tail = ponytail

そう!! ポニーテールやってことが判明
つまり、ポニーテールをした女の子が、って話やったんよね!
めっちゃ してやられた気分やったわ。
2006/02/24 (金) 23:45 | 博士の勉強 | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。