chiota のプロフィール

chiota

大学時代ドイツに2年留学してました。交換留学中に、現在の夫 タタンカ -スペイン人- と出会い、スペイン語の勉強も開始。

愛・地球博 2005 の外国館アテンダントを経て、同年秋からスペインのとある大学で博士課程に在籍していました。

2010年10月に長男 ネネ(スペイン語で「男の子」)を出産。現在、育児休暇をもらって子育てに奮闘しています!


私のメインサイト carpe diem は、こちら。旅行&留学(スペイン+ドイツ)情報も載せてるので、是非是非遊びに来てください。
* メールフォーム 設置しました。



*****************
*****************

カテゴリー
最近のコメント

*****************
最近の記事
月別アーカイブ
MyBlogList

ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告 | |
終わり良ければ全て良し
今日の午後にあったプレゼン、あんま上手くいかんだ 教授と意見が食い違ってたってのもあるんやけど、3つ話をしたうちの2番目の捉え方が間違ってたせいで、3番目の話も半分おじゃん。結構時間掛けて頑張っただけにショックやわ。

それにこの授業の成績は、このプレゼンで決まってしまう。あと、それぞれの発表の直後に全員で討論をする機会があるんやけど、そこでしっかり自分の意見を発言できたかどうかも多少成績に影響があるらしい・・・ ほんの少しね。

今日は最後に、教授がみんなの成績を発表して授業が終了した。
スペインの大学の成績は10点満点で付けられる中で、次のように分けられるんさ。

9-10 sobresaliente (優)  
7-8.9 notable (良)  
5-6.9 aprobado (可)  
5より下 suspenso (不可)

高校とかの成績は、notable と aprobado の間に bien っていうのが入るから、また点数分けの仕方も違うみたい。

そして気になる私の成績は・・・

SOBRESALIENTE




でした。教授、間違ってたとかは抜きにして、私の努力の過程とプレゼンの完成度自体をすごく評価してくれたみたい。これがスペインの大学に入って初めてもらった成績やから、ちょっとした記念やわ。

頑張った甲斐があったな。素直に嬉しいっ
2006/03/03 (金) 00:20 | 博士の勉強 | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。